2018年05月22日

高崎ものづくり技術研究所の業務内容・Webサイトのご利用方法

製造業:品質改善の進め方・改善事例すぐ使える製造業無料マニュアル
書式フォーマット、無料メルマガ、無料相談など中小製造業に役立つ情報
提供を行っています。

【利用ガイド】

1.記事を読む
   正しい品質管理活動の進め方、手法の使い方を理解して頂きます。

2.無料ものづくりネット相談を利用する
   知りたい内容について、「無料ものづくりネット相談」にてお問い合わせください。

3.解説書を購入する
   「解説書シリーズ」の中から、該当するものを選び「注文」します。
   解説の内容について、メールでの問い合わせは何度でも無料です。

4.セミナーを受講する
   東京、大阪、名古屋、群馬で毎月開催しています。「詳しい内容はこちら

5.品質課題解決支援サービスを利用する
   まずは「無料ものづくりネット相談」でご相談受付。
   メール・SKYPE・電話などによる支援で時間と、費用が節約できます。

6.その他のサービスを利用する
   「無料品質対策フォーマット」「無料メール講座」サービスなど

【本サイトの記事概要】
このサイトの解説コラムを参考に、当研究所の主張する品質管理活動の
概要をご理解ください。

■ 品質改善ステップ
 改善のスタートは品質管理の本質を正しく理解することです。

■ 今起こっている品質問題の解決
 正しい解析手法を正しく使い、再発防止対策を確実に行います。

■ 現場の日常管理の仕組み強化
 ポイントは、現場の日常管理として重点管理と先手管理を行うことです。

■ 品質管理の目的は未然防止
  求められる固有技術・管理技術の蓄積、そして人材スキルアップ 
  なにより、品質管理を正しく理解し運用することが大切  

posted by k_hamada at 15:46| ◇業務内容:サポートメニュー | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

困ったら無料ネット相談:製造業:品質改善の進め方・改善事例

高崎ものづくり技術研究所では、無料相談を受け付けています。
工場の現場ですぐ使える品質改善手法などお気軽にお問合せください。

下記、ご相談フォームにてお送りください。


posted by k_hamada at 23:53| ◇業務内容:サポートメニュー | 更新情報をチェックする

製造業の品質改善支援パッケージ(若手・中堅社員を鍛え上げる)

製造業の品質改善支援パッケージは、多品種少量生産工場の品質改善、
生産性向上などの改善活動を側面から支援します。

【支援料の一例】
 ■ 1回・3Hのオンサイトセミナーの場合 30,000円
 ■ 問題解決支援の場合 50,000円/月
 ■ その他ご相談に応じます。
 但し、交通費、宿泊費は除きます。

【支援内容例】・・・調査、打ち合わせ、基本プログラム作成を含みます。
 ■ 出張セミナーのご依頼
 ■ 工場の品質、生産問題解決支援のご依頼
 ■ 設計工程の問題解決支援のご依頼
 ■ 人材育成、教育プログラム作成支援のご依頼
 ■ 新製品立ち上げ準備、量産化支援のご依頼

chizaibu20170225-004.JPG

gd06.jpg

まずは、無料でご相談をお受けしております。


posted by k_hamada at 22:23| ◇業務内容:サポートメニュー | 更新情報をチェックする

新製品設計、生産立上げ支援(製造業の工場品質改善の進め方・事例の解説)

合同会社高崎ものづくり技術研究所では、新製品の立上げ支援、現場改善、
QCサークル改善活動などを通した若手社員の実践教育を行っています。
 (メール、電話でのお問い合わせは、すべて無料)

■商品企画~量産立上げ、品質保証支援:新製品の企画から生産立ち上げまで
■委託生産支援金型製作、協力工場選定、QC工程図作成支援
■現場改善支援:品質問題対策、作業改善、若手人材教育

PJ計画.jpg  IMG_2830.JPG

主な実績は以下の通りです。

1.新製品開発

■業務内容:回路設計、メカトロニクスユニット設計、開発プロジェクトリーダー
■開発機種:窓口装置、OCR装置、システムプリンタ、音声応答装置、その他

立上げ支援1.jpg


2.生産立上げ
■業務内容:セル生産ライン設計、検査ライン設計、協力工場選定・生産立上げ
■立上げ機種:PCBライン、ATM組立ライン、プラスチック部品生産ライン、その他

立上げ支援2.jpg

 そのほかに進行中の案件
  ★ 家庭用バッテリー電源装置新規生産立上げ支援(進行中)
  ★ 自動車向けLEDイルミネーション技術の開発と市場開拓(進行中)
  ★ 中国企業との合弁工場の品質管理・マネジメント支援(進行中)

 ★お問い合わせは、下記フォームより
 ★ミラサポ専門家無料派遣制度無料支援が可能です。

posted by k_hamada at 20:50| ◇業務内容:サポートメニュー | 更新情報をチェックする

支援メニュー:若手・中堅社員の実践的教育:高崎ものづくり技術研究所

多品種少量受注生産工場では、品質・納期確保・生産性向上が最大のテーマです。
そのために、若手人材育成は中小製造業の共通の課題です。

支援フロー.jpg
gd06.jpg

では、第一線の若手・中堅社員の実践教育手順について以下に解説します。

1.品質管理の基本を学ぶ
品質管理は、正しく理解しなければなりません。
しかし、従来の品質管理解説書では、多品種少量受注生産の工場には適応して
いるかというと疑問符府が付きます。
相変わらず、統計、QC七つ道具、QCサークル活動など、大量生産時代の管理の
やり方から、抜け切れていません。(必要ないというのではなく、やり方を
変えていく必要があります)

今の工場の現場の実態はどうでしょうか?
生産する製品は毎日のように替わり、しかも短納期で納入する必要があります。
その中でミスなく作業し、品質を確保しなければなりません。

そこで必要になる品質管理は、統計でもQC七つ道具でもありません。
また、多忙な中、QCサークル活動も成り立たないのが現状です。

そこで、正しい品質管理の考え方を基に、時代に適合した効果的な管理手法を
学ぶ必要があります。
とくに徹底させなければならないことは、「」の意識と行動です。
「三現主義」「5W1H」「再発防止」「ルール順守」「報連相」などの
考え方に基づいた課題解決のための行動が重要になります。

2.課題解決の取り組み
品質管理の正しい考え方と行動を基本に、課題解決に取り組みます。
従来から未解決となっている工程の問題、設備の問題、情報伝達の問題そして
都度発生する製品の不具合、作業ミスの問題などを放置することなく解決に
向けて行動しなければなりません。

そこで必要となるのが、解決に向けた関係者によるコミュニケーションです。
会議だけでなく、朝礼や、現場で三現主義によるミーティングの機会を作ること
が重要であり、そこで管理層のフォロー、コミュニケーションの環境づくりが
重要になります。

解決までの手順は、「現状把握」「因果関係究明」「原因の除去(処置)」
「しくみの不備、欠陥の究明」「しくみの是正(標準化)」「しくみの周知」
「しくみの定着確認」です。

3.対応策の提案
解決までの手順と同時に学ばなければならないことは、問題の種類ごとに対応した
対策手法です。
 ・ヒューマンエラー対策手法
 ・4M変化点管理手法(異常の見える化)
 ・教育訓練手法(OJT、多能工化)
 ・標準化手法(ルール化)

また、第一線の若手・中堅社員の実践教育として、自らの力で、問題を解決する
こと、コミュニケーション能力を養うことなど、作業者ではなくスタッフとして
の役割を担っていくことが求められます。

若手・中堅社員の実践的教育の詳しい内容についてはお問い合わせフォームで。

posted by k_hamada at 20:00| ◇業務内容:サポートメニュー | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!