2019年03月31日

高崎ものづくり技術研究所:製造業の品質改善の進め方・改善事例セミナー・解説書

小粒でもキラリと光る製造業を目指して!
★光る人材・・・現場のプロ「中核人材」
★光る技術・・・固有技術・管理技術・IT技術
 ★光る現場力・・・再発防止力・課題解決力



合同会社高崎ものづくり技術研究所 概要
会社名
 合同会社高崎ものづくり技術研究所
操業
 2014年3月1日
合同会社設立
 2017年8月15日
代表者
 代表社員 濱田金男
資本金
 200万円
売上高
 2000万円
主な事業
●無料ネット配信サービス(メルマガ・メール講座、無料マニュアル)
●現場ですぐ使えるマニュアル・DVD
(現場の手引書、自己学習、社員教育テキスト)
●オープンセミナー(東京/大阪/名古屋/群馬)
●オンサイトセミナー(若手・中堅社員向け/管理者向け)
●若手中堅社員教育(プロ人材として自立支援)
●品質改善支援(品質改善、新製品立上げ、委託生産)

主な活動実績
●自社企画セミナー
・開催実績:2016年(22回)/2017年(12回)/2018年(10回)
・開催場所:群馬、東京、大阪、名古屋
・テーマ:ヒューマンエラー対策/工場の不良流出ゼロ対策
 簡易FMEA/FTA/リスクアセスメント
 生産現場の問題解決手法/
 正しい小集団(QCサークル)活動の進め方
●セミナー講師
・実績:2016年(3回)/2017年(3回)/2018年(7回)
・主催元:日刊工業新聞社、日本テクノセンター、情報機構、R&D支援センター

●生産性向上支援訓練(ポリテクセンター)
・実績:2017:広島2社、群馬1社、茨城1社、2018年:群馬1社、埼玉3社
・訓練内容:品質管理基礎、品質管理実践の知識とグループ討議
・訓練対象者:各中小製造業の若手、リーダー、中堅クラス10名~20名

●企業支援
・2015年:韓国精密機械組み立てライン生産性改善(セル生産ライン)
・2016年:香川県精米工場の品質管理システムの構築
・2017年:群馬県樹脂部品・金型製造企業の新分野進出支援
 東京都開発ベンチャー企業の新製品製造立上げ支援
 京都府開発ベンチャー企業の新製品製造立上げ支援 

●執筆・寄稿
・すぐに使える設計ミス防止ガイド
(機械設計 2018年3月 臨時増刊剛)
 高崎ものづくり技術研究所編 日刊工業新聞社発刊

営業拠点
〒370-1201 群馬県高崎市倉賀野町1102-4
電話番号
027-347-1738

 沿革(History)
2017年8月
2017年7月
2017年2月
2017年1月
2016年5月
2016年1月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年3月
2015年3月
2015年1月
2014年6月
2014年5月
2014年2月
2013年1月
:法人化(合同会社 高崎ものづくり技術研究所 設立)
:大阪にて品質改善事例研究セミナー開催
:ホームページアクセス数20000/月突破
:無料メールマガジン発刊
:DVD版品質改善解説書発刊(2017年8月現在3種類)
:品質改善解説書発刊(2017年8月現在16種類)
:東京にて品質改善事例研究セミナー開催
:ホームページアクセス数10000/月突破
:品質改善事例研究セミナー開催(高崎、太田、桐生)
:無料メール講座解説(2017年8月現在3コース解説)
:高崎ものづくり技術研究所に改名
:ホームページアクセス数5000/月突破
:無料ネット相談解説開始
:無料書式フォーマット提供サービス開始
:高崎駿巧ビジネスコンサルティングオフィス立上げ
:ホームページ開設 

代表者ご挨拶
無題.jpg
1949年:石川県生まれ
1972年:国立長野工業高等専門学校(第4期生)
1972年:OKI電気工業株式会社入社
2001年:沖電気実業(深セン)有限公司出向
2004年:加達利(香港)有限公司入社
2007年:東邦工業株式会社入社
2014年:独立、高崎ものづくり技術研究所設立
 設計17年、製造10年、品質管理5年、海外工場14年
 多くの品質問題にかかわり、成功・失敗経験も豊富。
中小製造業では、人材や時間に限りがあります。
そんな中で、効果的な品質管理を行うにはどうすればいいでしょうか。
■人材育成の重要性
 日本のものづくりが優れているのは、人に備わった優れた熟練技です。また、全員一丸となって困難に立ち向かおうとする力の結集力です。しかし、これだけでは、これからの時代に中小が生き残っていくことは困難になって来ました。

市場の厳しい品質要求に応えていくこと、また多様なニーズをとらえて機敏に対応していくことが求まられますが、経営資源の不足する中小企業では対応が困難となっています。中小企業にとって,今求められるのは、このような時代の要求に応えられる人材を育成することです。必要なのは、自ら課題を設定して、それを解決していける「自立型人材(プロ人材)」です。

企業を取り巻く環境は大きく変化し、グローバル社会、インターネット社会といわれ、様々な情報が瞬時に手に入る時代です。それらの最新の世の中情報を積極的に入手し、学習し、素早く仕事に取り入れていくことが求められます。

■付加価値業務へシフト
 IOTの時代が到来し、ルーチン業務は機械への置き換えが加速するといわれています。人は、付加価値業務へシフトして新たな製品や新市場の開拓、生産性向上のしくみなどの開発、改善業務に就いていかなければなりません。少子高齢化の中で、継続した成長を目指す企業のトップ層は若手人材に対して時代に適合した企業の新しい方向性を伝えることによって、意識改革・行動改革につなげて頂くことを希望しています。

 合同会社 高崎ものづくり技術研究所
  代表 濱田金男
  公式サイト:合同会社高崎ものづくり技術研究所は<こちら

posted by k_hamada at 23:40| ◇高崎ものづくり技術研究所の紹介 | 更新情報をチェックする

ごあいさつ:合同会社 高崎ものづくり技術研究所

”新”品質管理の基本:市場の多様なニーズに応える品質管理セミナー・解説書!

0524_2.JPG

中小製造業では、人材や時間に限りがあります。
そんな中で、効果的な品質管理を行うにはどうすればいいでしょうか

日本のものづくりが優れているのは、人に備わった優れた熟練技です。
また、全員一丸となって困難に立ち向かおうとする力の結集力です。

しかし、これだけでは、これからの時代に中小が生き残っていくことは困難に
なって来ました。市場の厳しい品質要求に応えていくこと、また多様なニーズを
とらえて機敏に対応していくことが求まられますが、経営資源の不足する中小
企業では対応が困難となっています。

中小企業にとって,今求められるのは、このような時代の要求に応えられる人材を
育成することです。
必要なのは、自ら課題を設定して、それを解決していける「自立型人材」です。

企業を取り巻く環境は大きく変化し、グローバル社会、インターネット社会
といわれ、様々な情報が瞬時に手に入る時代です。
それらの最新の情報を主体的に入手し、学習し、積極的に仕事に取り入れて
いくことが求められます。

IOTの時代が到来し、ルーチン業務は機械への置き換えが加速するといわれて
います。人は、付加価値業務へシフトして新たな製品や新市場の開拓、生産性
向上などの開発、改善業務に就いていかなければなりません。

特に若手人材に対しては、時代に適合した新しい品質管理の考え方を伝える
ことによって、意識改革・行動改革につなげて頂くことを希望しています。

 合同会社 高崎ものづくり技術研究所
  代表 濱田金男
posted by k_hamada at 23:00| ◇高崎ものづくり技術研究所の紹介 | 更新情報をチェックする

合同会社高崎ものづくり技術研究所の取り組みの歴史

合同会社高崎ものづくり技術研究所の今までの取り組み内容を紹介します。

会社ロゴ3.jpg

2017年8月:法人化(合同会社 高崎ものづくり技術研究所 設
2017年7月:大阪にて品質改善事例研究セミナー開催
2017年2月:ホームページアクセス数20000/月突破
2017年1月:無料メールマガジン発刊

2016年5月:DVD版品質改善解説書発刊(2017年8月現在3種類)
2016年1月:品質改善解説書発刊(2017年8月現在16種類)

2015年9月:東京にて品質改善事例研究セミナー開催
2015年8月:ホームページアクセス数10000/月突破
2015年7月:品質改善事例研究セミナー開催(高崎、太田、桐生)
2015年3月:無料メール講座解説(2017年8月現在3コース解説)
2015年3月:高崎ものづくり技術研究所に改名
2015年1月:ホームページアクセス数5000/月突破

2014年6月:無料ネット相談解説開始
2014年5月:無料書式フォーマット提供サービス開始
2014年2月:高崎駿巧ビジネスコンサルティングオフィス立上げ

2013年1月:ホームページ開設
posted by k_hamada at 19:58| ◇高崎ものづくり技術研究所の紹介 | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

品質管理を全く理解していない工場の現実:どのように支援していくか?

ある工場を訪問したときのやり取りです。
 ①品質問題の対策書を見せて頂きましたが、全く品質管理ができていないと感じました。
 ②あらゆる業務で、物事の進め方が曖昧のままになっていることを指摘させて頂きます。
 ③御社のものづくりのコア技術であるプレス、溶接についてノウハウが蓄積されていません。
 ④そこで、新製品立上げの現場で立ち会い、プレス標準作業確立について一緒に検討します。
 ⑤現場の担当の方と直にお話しさせて頂き、プレス作業について工程手順、品質確保の観点 
  での認識や標準化について意見交換させて頂く予定です。
 ⑥標準化の必要性は理解して頂いており、作業の手順、設定パラメータ、加工場の規格、
  製品の品質特性(外観)判定基準の明確化は必要との認識は一致したと考えます。
 ⑦標準化は明文化する、暗黙のルール(良い慣習)として定着するなどのいくつかの方法が
  考えられます。
 ⑧標準作成の負担を軽減するため、動画、写真で分かり易いルールを作成する方法を検討
  することとします。
  アナログ的(官能的)基準は、限度見本の客先承認を得ることなどを提案致します。

以上は、工場の責任者とのやり取りの概要です。
品質管理の手法は、各々の工場で一番効果の上がるオリジナルな方法を確立する必要が
あります。解説書などで主張している方法がそのまま適用できるとは考えていません。
不良を減らす、そのために現場のルールを作る、ルールを守る、ルールを維持する、これは
どの企業でも一番の悩みどころです。

決定的な答えはありません。ですから、時間は掛かっても一緒に悩み、現場で試行錯誤の繰り
返しを一緒にさせて頂き、最善の手法を確立させる覚悟で、御社のご支援を引き受けさせて
頂きます。

品質対策書のレベルから判断して、残念ながら品質改善効果はすぐには期待できないと思われ
ます。しかし、継続と社員の英知の結集が今こそ必要な事ではないかと考えます。

このような考えは、私のいくつもの苦い経験のもとで培ったものであり、開設しているこの
ホームページは、このような、率直な気持ちを訴えつつ現在では一か月35,000アクセスを
維持しています。過去7年間、400以上の記事をアップしており、一定の共感を得られている
と自負しております。閲覧者の厳しいご意見や質問にも応えながら更新を続けております。

私を信じて頂くことが、最初に必要なことだと思います。
疑いの目で、まずはお手並み拝見では、ご支援はできません。

私も、信頼を得るよう全力で取り組む覚悟ですので、不安を払拭して頂くよう、行動で
示していきたいと考えておりますので、一緒に苦楽を共に同じ目線で悩みを共有できたら
と考えております。

建前を振りかざしても何の解決にもならない

「こうあるべき」「問題はここにある」・・・このようなことは外部のコンサルタントが
言うまでもなく、企業の当事者が一番よく知っています。

そこをどのように打破していくかが、支援者に求められる一番のポイントになります。
どこまで、企業側に立って考え、解決策を講じていくのか?が大切になります。

そういう意味で、一般のコンサルタントはそこまで企業にどっぷり入り込み、一緒に泥臭い
、あるいは粘り強い行動ができていないというのが実態です。
そこは、大いに反省しなければならない点だと思います。ではどうすればそのような考え、
行動ができるようになるのか?

片手間の仕事をしないことです。
実際には難しいことですが、出来うる範囲で精いっぱい努力している姿を見せることです。
いくつか思いつく項目を挙げてみます。
 ①いい加減な言動、つまり建前の持論を振りかざさないこと。
 ②すぐに現場を確認すること、現場重視(三現主義)に徹すること。
 ③相手の主張を聞き、結論を出す前に、一緒に悩むこと、選択肢を豊富に提示すること。
 ④人、時間、など不足していることを前提に可能な対策を導くこと。

まだまだ、注意点はたくさんあるかもしれません。
支援を受ける側としては、厳しい状況の中で、少しでも会社を良くしようとしているのであって
支援する側との温度差を少しでも感じた場合、拒否反応を示します。これは当然のことと思います。



  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!