2017年02月03日

新商品の開発に欠かせない強力なプロジェクトリーダー:新製品の生産立上げ手順

商品開発設計の基本手順は以下の通りです。

設計を進めるには、プロジェクト管理手法を導入が必要です。そして、社内

協力工場ネットワークを効率よくコントロールし、短期間に開発を完成させ

るために、経験豊かなプロジェクトリーダーの存在が欠かせません。


 1.初回打ち合わせ

 2.お見積提出・受注

 3.仕様書作成

 4.デザイン図作成&レビュー

 5.製品設計(図面・3Dデータ作成・レビュー)

 6.金型設計(図面・3Dデータ作成・レビュー)

 7.回路設計(図面・データ作成・レビュー)

 8.試作(モックアップ等・レビュー)

 9.生産性・品質の検証

 9.図面・データ修正

10.金型製作

11.製品試作・評価

12.信頼性評価

13.量産開始、納品


また設計業務を確実に進めるため、社内ルールの整備を行っていきます。

 1.図面作成、管理規定

 2.デザインレビュー規定

 3.試作評価規定

 4.購入部品採用規定

 5.協力会社選定評価規定

 6.その他


プロジェクトリーダーがすべきことは、一言で言うとプロジェクトの推進です。

つまり、制約を気にせずに、制約をポジティブに考え、それを乗り越えてプ

ロジェクトをどんどん進めていくことです。


次に、プロジェクトメンバーは何らかのスペシャリストであるべきですが、プロ

ジェクトリーダーはジェネラリストでなくてはならないということです。


プロジェクトリーダーに専門性が必要かどうか?それはあった方がいいのですが

それよりも広範囲の知識や経験を持ち、業務を推進していけるジェネラリストで

あらなければならないのです。


但し「一芸に秀でる者は多芸に通ず」という言葉があるとおり、専門性を極めた

人、逆にいえば、中途半端な専門性であればない方がよい。あれば、その分野は

口出しをしたくなるが、多芸に通じるわけではないからです。


そして、忘れてはならないことは、プロジェクトリーダーの仕事は、モノや技術

を扱うことではなく、人を扱うことなのです。



何事もネックになっている部分から一つ一つ確実に対策していかなければなりません。

また特効薬はどこを探してもありません!!



7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG