2017年12月19日

強い工場を作る基本ステップ;中小企業のトヨタ生産方式の導入事例

生産現場において、不良をなくす、ムダを徹底的に省いて生産性向上、リード
タイム短縮を図り、原価低減を行って利益幅を確保すること。

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

工場として、まず初めに生産現場を強くすべきです。
でも、売り上げが伸びない現状では、生産現場のムダをなくすだけでは限界が
あります。

製造業が成長した、今までの工場はモノを作るための「ものづくりの現場」を
大事にして来ましたが、これからは、「ものづくりの現場」だけでは、本当の
意味の強い工場になることは出来ません。

概念図.jpg

売り上げを伸ばすためには、工場現場以外に付加価値を見出す必要があります。
強い工場に生まれ変わるには、現状の延長線上の成り行き経営には未来はあり
ません。このことは、概念では理解できても、実際にどうすればいいのか?
どこから手をつけて行ったらいいのか、見当がつかないと言ったことを良く
耳にします。

「強い工場」を作るためには手順があります。
また、それぞれの工場によっても、改善のやり方に差があるでしょう。
「**生産方式」導入などに、すぐ目を奪われがちですが、それは手段であり
目的を明確にしなければ方向をまちがってしまいます。

日本の多くの中小企業は、受注加工生産で生計を立てています。
益々多品種少量化が進む中、忙しさは増しても、利益は得tられないという
厳しい状況の中で、限られた設備、人員で乗り切っていかなければならない
のが現状です。

そこで、まず生産性30%アップを目指します。
主な対策項目としては
①付加価値作業時間と、非付加価値作業時間を分けます。
 付加価値作業とは、機械が動いている時間、作業者が加工している、組立
している時間のことです。
加工準備、セット替え、運搬、修理などはすべて非付加価値作業時間です。

②生産性をアップするには、付加価値作業時間を増やすことです。
 トヨタでは、七つのムダを減らすことが求められています。
そのうち特に、作業のムダ、作り過ぎのムダ、在庫のムダ、不良を作るムダが
生産性に大きく影響するため、重点的に対策します。 

③付加価値時間内で生産する数量(金額)を増やします。
 つまり、単位時間当たりの生産量(金額)を増やします。
それには、ネック工程の生産速度を速める対策を行います。
機械の性能をアップする、作業方法を見直すなどスループットを高めます。

④30%向上した生産性をどう生かすがが鍵
 ここまでは、現場を中心とするカイゼン活動で達成が可能です。
しかし問題はその次のステップです、
余裕の出た機械能力、人員をそのままにしておいては、なんの意味もありません。
新たな高付加価値製品の受注、新市場、新顧客の開拓、新たな顧客サービスの
提供などの高付加価値化を図っていくことが必要です。

経営トップは、このような道筋を示すことによって、カイゼンが一層進むのです。


7月東京 名古屋2.jpg
2019年 セミナー開催予定表 
 ■中小企業で使える設計ミス防止とFMEA/FTA実践コース
  1月30日(水)東京北区北とぴあ
  (計画中)大阪/名古屋/太田
   お申し込み
 ■IOT時代の最新技術活用によるヒューマンエラー予防対策
  3月29日(金)太田市新田文化会館
  5月24日(金)大阪市産業創造館
  6月(計画) 名古屋市ウインク愛知
   お申し込み
 ■小ロット受注生産工場の実践的!現場の問題解決手法
  4月22日(月)東京北区北とぴあ
   お申し込み

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!