2019年03月10日

海外工場における、品質管理手法導入のポイント(5S改善/4M管理)

中国の工場で、5S、4M変動管理、品質改善活動などの品質管理手法を導入
するためには、多くの企業が抱えている構造的問題が障害となっています。




 ★生産開始前に取引基本契約は必須!
  ★工場長・品質管理部長の品質改善セミナー
  ★無料サービス

長期雇用を前提とした人材育成と管理・監督者、スタッフの自主性に期待する
日本的工場運営は、今までの経験に照らしても、中国では実施が困難と言えます。

雇用の流動性が激しい中国では、長期的視点にたったプロ人材の育成は非常に
難しいと思われます。かつ、高いロイヤリティを背景にした問題解決(改善)を
期待するのも難しいのです。

組織の利益より個人の利益を重視する文化を持ち、同僚間での問題の指摘合いは
大儀があったとしても面子を壊す事にも繋がり、解決方向に機能し難い面があり
ます。これは評価が伴う上司からのトップダウンでないとまず動かないとみて
いいでしょう。

しかし、もともと安い価格で調達を目的とする日本メーカーにとって、現地メーカー
の選択対象は、できるだけ管理工数を省いた間接費用の安いメーカーであるため、
そこで、品質管理手法の導入を求めても、所詮ないものねだりとなってしまいます。

そこで、ハードウエアは日本で確立した設備を持ち込み、ソフトウエアはマニュ
アルの運用遵守に留め、管理は、現地人材の扱いになれた、現地管理者に任せ、
問題解決は日本のエンジニアが現地に出向くという役割分担を行わざるを得ません。

中小企業には、優秀な人材は集まりにくいのは、日本でもそうであるように、中国
でも同じと考えられ、そうであれば、難しい事を要求せず、作業や製造条件を簡素
化したマニュアルとし、現地人材を活用する事を基本に考えます。

話を戻すと、品質管理手法の導入は中国の中小工場では、困難と言わざるを得ません。
かつて2000年代は、日本人が出向き指導する事例も見受けられましたが
現在では、環境が許さなくなっています。

このような状況を踏まえ、案件ごとに中国生産戦略を慎重に練ることが求められます。

 ★環境変化に適応した品質管理体制とは?
  ★工場長・品質管理部長の品質改善セミナー
  ★無料サービス



無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!