2017年12月20日

海外委託生産、不良を減らす6M管理とは?

中国に限らず、海外の工場で委託生産を行う場合、不良品を日本へ入れさせない
事が大前提になります。それは不良であっても戻すことが難しいからです。
そこで管理が手薄になる海外工場における品質管理のポイントを整理してみました。

6M管理.jpg


 ★リスク回避のヒューマンエラー再発防止対策マニュアル
 ★不良対策の手順:7つのステップ
 ★不良原因解析&再発防止2段階なぜなぜ分析手順書


 ★不良原因解析2段階法を実習で習得するセミナー
    東京・群馬開催スケジュール

 ★無料サービス
   ・クレーム対策書フォーマット(記入例)
   ・不良解析フォーム3セット(記入例)
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座


そこで、まず海外工場で不良を減らす対策を5M(人、設備、方法、材料、計測)に
Managment(マネジメント)を加えた6Mで分類してまとめてみました。
ポイントは、日本の品質管理の常識である「工程で作り込む」と言う考え方を
捨てて、工場の状況を良く見極めて「検査で流出を防ぐ」という考え方を徹底
することです。

くれぐれも日本流の「工程を改善して、工程で品質を作り込む」などど考えては
いけません。海外でこれを実施しようとすると膨大な手間と費用が掛かってしまい
中小企業にとっては大きな負担となり、何のための海外生産か?分からなくなって
しまいます。


1.「人」の見極め
海外では、作業者(ワーカー)と現場の責任者、管理層(部長)経営者に分けて
考えると、現場の責任者と経営者を押さえておくべきです。
部長クラスは、工場の管理部門を渡り歩いているため、現場を知らず、殆ど
現場にも足を運びません。
現場の責任者、経営者とも協力的であるかどうかがポイントとなります。
特に現場の責任者は長年現場を管理しているベテランで、作業者を統率、生産
状況を把握しているキーマンです。このような責任者が存在しているかどうかで
品質は大きく左右されます。

2.「設備」の対策
現地工場を訪問した時、設備の立派さに驚かされることがあります。
ところが、これに惑わされて生産を委託したところさんざんな目に合ったという
話をよく聞くことがあります。

結局、設備そのものの性能は良くても、それを使いこなしているかどうかが鍵に
なります。加工機械は、その機械ごとに特性を把握しているかどうか?また、加工
材料によって、加工速度、エンドミルなどの管理方法はどうやっているか?精度の
測定を、定期的に行っているか?など設備の維持管理の仕組みをしっかりと構築
しているかどうかを見極めます。
それには試作を何回かに分けて実施し、毎回同じ品質のものが出来てくるかを
確認します。
 
3.「方法」の対策
製造工程のQC工程表ができていることが理想ですが、海外ではほとんど望めません。
ではどうしたらいいかと言うと、まず人のミスを防ぐあらゆる方法を講じます。
ポカよけ治具、限度見本、専用工具、機械のアラーム検知・・・

そして作業の出来栄えを第三者の立場でチェックする検査員を必ず配置させます。
出来れば工程間検査、最終検査の2段構えの検査を行います。
検査部門の現場の責任者の存在も重要で、製造部門ににらみを効かすことが
出来るかどうかを見極めます。

見た目で検査が難しい、メッキ工程、熱処理工程、溶接工程などは、抜き打ちで
工程監査が必要になりますが、このような特殊工程はなるべく海外では実施しない
工法を採用します。

4.「材料」の対策
海外工場では、往々にして材料や部品を買いすぎて、2年も3年も倉庫に眠って
いる在庫品があります。期限切れ時期を明確にすること、買い過ぎを防ぐための
在庫管理が必要になりますが、これはあまり期待できません。大きな材料倉庫を
持っている工場は要注意です。
ニセモノの材料や部品の購入を防ぐために、購入先を指定するようにします。

5.「測定」の対策
測定機は備えられていても、実際に測定できる人がいなかったり、測定機が校正
されていなかったなどは良くある話です。測定機があるからと言って安心せず
飾り物でないかどうか?使っている形跡があるかどうか十分に確かめる必要が
あります。

そして、海外では人出を介さずに測定や検査ができる自動計測器・検査機の導入
をお勧めします。中国をはじめ、新興国では今後は人出不足が恒常化してくるので
初めから機械にその役割を担わせることが重要です。

6.マネジメント
最後に委託先を選定する側、および委託先の「マネジメント」の問題について
触れておきます。
選定する側にとっては、どのような内容を委託するのか?その委託先は、委託
しようとする業界、業務、品質レベル、生産能力、今までの取引先はどうかなど
過去の実績を重視し選定します。
正式決定後、後でトラブルを起こさないように基本契約、品質契約を締結します。
国内用の契約書の内容をそのまま適用するのではなく、海外用に罰則規定なども
厳しく盛り込みます。

多少の管理の不備はあっても、経営者の人柄、仕事を親身になって受けてもらえ
そうかどうか見極めします。最初は協力的でも、難しい加工方法でなかなか良品
ができないと、仕事を途中で放棄する場合もあるので要注意です。

★トラブルが起きる前に取引基本契約・品質保証契約を結んでおくことがポイント!
  海外工場との取引基本契約書の作成方法

定期的な工程監査は欠かさず実施します。
監査と言うより、時々顔を出して、コミュニケーションに努めます。
 工場監査・QMS監査・工程監査チェックシートexcel版 雛形

最後に、筆者が出会った中国の工場で実施している、素晴らしい人事制度
人材育成制度を紹介します。
作業者は、ほとんど1年で入れ替わってしまいますから、そのつもりで、作業
そのものの技能を早く身に付けさせる教育に徹します。
肝心なのは、課長レベルの現場の管理層です。彼らが5年、10年と長く辞め
ずに留まっている企業は、一般に品質が良い傾向にあります。

それは、言うまでもなく、彼らが品質の維持、向上に大いに貢献しているからで
自主的に部下の教育、製造工程の改善を長期計画で実施しています。

では、なぜそのような管理層が長く留まり、モチベーションを保っているので
しょうか???
それは、彼らを登用し、マネジメントしているトップの経営姿勢にあります。
彼らを引き留めるための様々な魅力ある施策を実施し、やる気を引き出しています。
金銭面だけでなく、新年の帰省制度、持ち家制度、車購入助成制度などなど・・・
但し、成果主義での評価を実施し信賞必罰の基準は明確になっています。

しかし、このような企業は本当にまれな例です。



7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG