2019年01月09日

製造業の人材育成手順:重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)

中小製造業では人材育成まで管理が行き届かない場合が多く見受けられます。
しかし若手~中核人材育成は、企業の継続・発展には欠かせません。
人材育成は、5年後、10年後に企業力に大きな差となって表れます。

第1章 今求められる中核人材(プロ人材)の育成

第2章 新人教育(OJT)の進め方

第3章 製造業の教育訓練のしくみ

【キーワード解説】
 ★人材育成の進め方【】【】【 ★熟練技能の継承【】【】【
 ★品質教育【 ★コーチング【 ★人材育成のしくみ【
 ★人事制度【1】 ★信賞必罰制度【 ★職場内教育訓練【
 ★人材マップ【 ★新人教育(OJT)【 ★ノウハウの継承【1】
 ★多能工化【1】 ★間接業務の多能工化【


キーワード解説:若手社員の教育訓練
中小企業にとって人材は貴重な経営資源の一つです。
しかし、せっかくの人材も有効に活用しているとは必ずしも言えない状況があります。

忙しい日常の中で、中長期的な観点で人材を育成していくことは困難が伴います。
人材育成を継続的に行っていくためには、PDCAの回る人材育成のしくみを社内に
構築する必要があるのですが、これも、実効性の伴うしくみとなると、かなり
労力を使うことになります。

しかし、一度サイクルを回すと、そのあとは比較的楽に回っていくものです。
教育に重点は、やはり若手・中堅といった、現場で中心となって仕事を進め、
業務の推進力となっている人材です。

技術的な知識や経験を積むこと、そして、日常業務の中で問題を捉えて自らが
中心となって解決していく問題解析、解決力を備えていく必要があります。

また、新人やパート・派遣社員などの非正規作業者に対する多能工教育、作業
認定制度の適用、OJTの実施ルール、ベテラン技能者の熟練技能の継承、技能
のマニュアル化を計画的に実施するなど、教育制度全般の考え方を明らかに
することが必要です。
また一方で、信賞必罰制度によって、人事処遇にメリハリをつけることも、やる気
につながるものと思われます。
【関連する記事】
posted by k_hamada at 23:59| ★中核人材育成と教育訓練の進め方 | 更新情報をチェックする

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月~値下げ!更に会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>

0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG スライド04141.JPG なぜなぜ分析表紙1.JPG


音声解説付きテキスト (DVD付き)
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

HE対策DVD講座.jpg FMEA DVD講座.jpg スライド1.JPG モグラたたき.JPG スライド5_2.jpg

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから