三現主義を定着させるには?:製造業の品質改善の進め方・事例

問題解決のために最も基本となる「三現主義」について考えてみましょう。
三現主義とは現場・現物・現実の3つの“現”を重視し、机上ではなく、実際に

現場で 現物を観察して現実を認識した上で、問題の解決を図らなければならない
という考え方のことです。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス


zu_wa3[1].gif

不良の発生した原因を、その現場の責任者に聞くと、「作業ミス」が原因と答えが
返ってくる場合が多いのですが、じゃ、なぜ作業ミスが起こるの?と聞くと「作業
に慣れていない新人が作業したから」と答えます。
対策は?と聞くと「新人教育を徹底します」と答えが返ってきます。

これは、三現主義に基づいてしっかりと現状を把握していないから、原因追及も
対策も的を外れています。

では三現主義に基づいて、現状を正しく把握するにはどうしたらよいでしょうか?
 ・「現場」に足を運び、場を確認する
 ・「現物」を手に取り、物を確認する
 ・「現実」をこの目で見て、事実を知る(データ、推移など)

では先ほどの作業ミスについて考えてみましょう。
現場の責任者は、照明は暗くないか?暑くないか?作業場所が狭くないか?
など現場に何らかの作業ミスを誘発する要因がないか?
よく調べることが必要でしょう。

次に、「作業ミス」を起こして不良になった「現物」をよく見て、じっくり時間を
かけて観察することです。
不良は、何個発生しているのか?不良はみな特定の箇所で発生しているなどの、同
じような傾向があるのか?
ないのか?などとにかく目を大きく開いて、感を働かせ神経を集中してよく見るこ
とが大切です。

そして、最後に実際に作業をしているところから少し離れて、作業をしている
様子をよく観察します。適切な治具や工具は使用しているか?作業の手順は正し
いか?作業のやりにくい部分はないか?自主検査をして作業に間違いがないか
確認しているか?などを細かくチェックします。

そうすると、新人教育だけでは解決しない問題がいくつも発見される場合が多い
のです。
・作業するときの固定治具が不足しているために、一部の作業者は、片手で品物を
 抑えながら片手で工具を使用していた。
・正しい作業手順で作業を行うと、最後の部品を取り付ける作業が非常にやり
 ずら いことが分かった。中には、正しい作業手順で行わない作業者もいた。
・一部の作業台のねじが緩んでおり、作業台がぐらぐら揺れていた。
・不良でラインアウトした部品の置き場所がなく、良品として混入してしまう
 危険性がある。などなど。

以上、当たり前のことを解説しましたが、実はこの当たり前のことができない
ためにいろいろな問題が発生しています。

データーのねつ造や改ざんは今や日常茶飯事。
役所の検査官、企業の責任ある立場の人は三現主義をどのように考えているで
しょうか?

「いちいち現場の細かいところまでは把握できないし、現場に直ぐに行くこと
も物理的に無理がある・・・」
「逐一報告を受けていたので・・・」
「書類審査だけではデーターのねつ造は分からないので・・・」

これは、管理する立場の人の「三現主義の放棄」です。

これは現場を熟知したプロの知見が必要と言うことを意味します。
「これはおかしい?」感性、洞察力を磨くことが重要であり、また関連会社など
へ管理の丸投げは、責任放棄となります。