2019年01月01日

儲かる製造工程づくりのポイントとは?:工場の原価低減対策事例

工場の利益は、出荷額(売上)から材料費や労務費などの工場でかかった費用を引
いたものです。従って、工場の利益を増やすには、生産性を上げ、出荷額を増やす
か、材料費・社内費を減らすしかありません。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

「儲かる工場づくりプラン」の特徴としては、工場の製造現場、および管理部分の
「ボトルネック」を探し出し、そこにポイントを置き、集中的に、原因究明・対策
・改善を実施します。
受注生産工場のTOC&IOT活用による工場改革!1124東京.jpg

1.具体的な手段
(1)生産性を上げる
 ・労働生産性を上げる
 ・生産速度を上げる
 ・稼働率を上げる
 ・材料費を下げる
 ・外注費を下げる

(2)社内費を減らす
 ・労務費を削減する
 ・減価償却費を減らす
 ・在庫を減らす

(3)見える化の推進
 ・作業の進み具合の見える化
 ・管理の見える化
 ・原価の見える化

(4)限界利益を把握する
 ・製品ごとの限界利益率を知る
 ・利益が出る製品を区別する
 ・経営分析をする

(5)製品の価値を上げる
 ・製品企画力
 ・設計品質力
 ・製造品質力
 ・製品ブランド力

2.儲かる工場づくりプラン
 WHO:まず推進組織(プロジェクト)、リーダー、メンバーを決めます。
 WHY:目的を明確にし、なぜ必要なのかを周知します。
 WHEN:いつから始め、何をいつまでに実施するかを決めます。
 WHAT:改善する項目、目標値を決めます(優先付け)
 HOW:プロジェクトの運用手順(PDCA)を決めます。

posted by k_hamada at 22:14| ★工場の原価低減対策の進め方 | 更新情報をチェックする

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月~値下げ!更に会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>

0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG スライド04141.JPG なぜなぜ分析表紙1.JPG


音声解説付きテキスト (DVD付き)
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

HE対策DVD講座.jpg FMEA DVD講座.jpg スライド1.JPG モグラたたき.JPG スライド5_2.jpg

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから