2017年03月05日

受注生産工場の利益を飛躍的に向上させるスループット会計管理! 高崎ものづくり技術研究所

従来からの考え方では、生産工程内にあるどこか一部の工程だけの生産効率
を向上させれば、工場全体の利益につながると考えていました。
しかし、実際のキャッシュ(会社の本当の利益)という意味では、必ずしも
そうならない場合が多々あります。
TOC_制約条件理論.jpg

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
   ・セミナー・プログラム(東京・群馬)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・新製品立上げと協力工場生産委託マニュアル
   ・工場長の業務改革プロジェクト活動マニュル
   ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル 
   ・多品種少量生産工場のトヨタ式生産管理マニュアル
 ★無料サービス
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座
   ・無料ネット相談

1.実際のお金の流れを表していない
従来の原価計算に基づく損益計算書の利益計算では、工場のお金の流れを表して
いません。
その原因として、大量生産時代の平準化された生産工程とは異なり、多品種
少量・変量生産プロセスの中で顧客の要求を満足させるために必要な能力は
生産プロセスの中で一番能力の低い工程(制約工程)によって決定されている
にもかかわらず、それ以外の工程の生産効率を向上させることで、収益を
上げようとしているからです。

TOCでは、スループットの最大化が会社の利益最大化につながるとして、会社
の利益を決定している制約(生産能力の場合は一番能力の低い工程)の徹底
活用(最大限の稼働)を行うことで、会社全体(全体最適)での利益を増やす
活動を行います。
 TOC:Theory of Constraints ;制約条件理論

2.スループット会計とは
スループット会計とは、企業の目標を「お金を儲けること」と定義し、
従来の原価計算に基づく損益計算書の利益計算から資金の最大化のため特に
製造業の会計の視点を変えるための会計です。

従来から経営判断に使われている損益計算書は、実際の資金の動きとは異な
っています。
例えば、操業度を上げれば、製造間接費の配賦率が低下する⇒製品単価が下がる
しかし、操業度の増加による在庫の増加となって利益の増加につながりかねません。

一方、在庫増加により資金が寝てしまい、資金が減少するといった損益計算書の
利益と資金のズレが生じます。
このようなズレを解消するためにスループット会計を用います。

3.スループット会計の3つの指標
スループット会計では、以下の3つの指標を用います。
①スループット:販売を通じて入ってくるお金
 =売上-材料費、外注費
 「生産」ではなく、「販売」である点に注意が必要

②在庫:販売しようとする物を購入するために使ったお金(寝ているお金)
 =材料、仕掛品(材料費、外注費)、完成品

③業務費用:在庫を販売するために費やすお金(でていくお金)
 =材料費、外注費以外の全てのコスト、製造原価の人件費、減価償却費等
  の製造間接費、一般管理費も含みます。

以上の3つの指標いずれかを改善するのではなく、スループットを増加させ、
同時に在庫、業務費用の減少を目標としています。

つまり、入ってくるお金を大きくし、寝ているお金、出て行くお金を小さくし
会社に残るお金を大きくしようというものです。
部分最適でなく、全体最適を目指すための会計です。
(ゴールドラット氏の「ザ・ゴール」より)

また、スループット会計を評価軸として、生産工程中のボトルネック(処理能力
が必要な仕事量より小さいリソース)を見つけ、ボトルネックを最大限増加、
活用し、スループットを最大化し、非ボトルネック(処理能力が必要な仕事量
より大きいリソース)のコントロール方法、リードタイムの短縮方法を取るのが
TOCの理論です。


7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG