2019年09月30日

多品種少量生産時代のQCDとは?

QCDとは、品質(Quality)、価格(Cost)、納期(Delivery/Time)の頭文字を
つなげた略語であることは、ものづくりに携わっている人ならだれでも知って
います。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

一般にものづくりにおいて、
「品質を向上させようとするとコストが上がる」
「納期を優先させようとすると品質が低下する」
と言われ、そのパワーバランスをいかに取って行くかが工場の永遠の課題でした。
品質が当たり前という時代に入り、コストとスピードで勝負しなければ勝てなく
なったと言われていますが、結局品質問題で多額の損失を招いてしまったといった
例を良く耳にします。

では、なぜこのような問題が繰り返し起きるのでしょうか?
私たちは、無意識のうちに高度成長期の「少品種大量生産時代」のものづくりの
思考パターンから抜け切れていないのではないでしょうか?

少品種大量生産時代は、製品のライフサイクルは非常に長く、「開発」→「製造」
→「カイゼン」→「製造」→「カイゼン」・・・の繰り返しサイクルの中でQCDが
とことん追及されてきました。日本が得意とするところの「現場のカイゼン」に
よって、安くて品質の良い製品が生み出されたのです。

ところが、「多品種少量生産」の時代に入ってからはどうでしょうか?
「開発」→「製造」、また次の新しい製品の「開発」→「製造」と、短期間の
うちに次々と新しい製品を生み出さなくてはなりません。
そうすると、めまぐるしく変化する製品サイクルの中で、日本が得意とする
ところの現場の「カイゼン」は、だんだん実施が困難になってきます。

カイゼンが行われる前に生産が終わってしまったり、安さを追求するあまり、
品質を考慮しないで、とんでもない外注に委託してしまったり、結果、儲か
らない、作れば作るほど赤字になってしまう、というようなことが起こって
しまうのです。

では、多品種少量生産時代のQCDは、どのように管理して
いけば良いでしょうか?
開発と製造のプロセスをもう少し細かく分解すると、「商品企画」→
「方式設計」→「具体設計」→「試作」→「改良設計」→「製造準備」→
「量産試作」→「量産」の流れになります。
各ステップはオーバーラップして進められることはありますが、決して
省略してはならないステップなのです。

多品種少量生産においては開発と製造は切り離して考えることは
できないのです。つまりものづくりの現場で、上流のステップに関われるか?
どのステップから関わる能力を持っているか?で勝負は決まります。

今のものづくりは、図面を貰って、その通り忠実に作り上げるという職人的
な仕事だけではやっていけない時代になっているのです。どこまで上流工程に
入って行けるかが問われているのです。ものづくり現場に求められる能力と
しては
 ・図面や試作機を見て、設計の完成度を把握する
 ・寸法精度や機能・規格を満足する製造能力があるかどうか判断する
 ・製造技術でカバーしなければならないポイントを把握する
 ・加工、組み立ての難易度を把握する
 ・治工具、テスターなどの必要設備を準備をする
 ・ポカヨケや、その他製造ミスを予防する仕組み、手順を構築する
 ・不良率を予測する
 ・量産化までのスケジュールを決める
 ・トータルの製造コストを把握する

新製品を短期間で量産化するためには、設計部門に文句が言える人材が不可欠
です。時には「こんな低い設計完成度では製造できません」と、突っぱねる
ぐらいの力が必要です。

多品種少量生産の製品は、QCDの90%は設計の良し悪しで
決まります。
仕事を進める上で、事前の準備がいかに重要かを 表した「段取り八分」という
言葉がありますが、「段取り9分」がいまの「ものづくり」には求められている
のです。

では、開発部門を持たない企業の場合はどうでしょうか?
基本は、お客様から指示された図面通りに製造しますが、設計的な不備、加工
しずらい部分、原価低減などについては、積極的に製造する立場から代案を提示
するぐらいの技術力が必要です。

そして、やはり「少品種大量生産時代」のものづくりの思考パターンから脱皮
しなければなりません。小ロットだから値段が上がるなどと言っていては、
競争に負けます。
小ロットでも利益を出せる工場の体質を作り上げていかなければならないのです。

では、小ロットでも利益を出すには、どうすればいいでしょうか?
 ・大型設備は極力安価で小型のものに切り替える
 ・極力在庫を少なくする資材調達、生産管理計画を工夫する
 ・不良を出さないように、ポカよけ、自働化を推進する
 ・段取りなど作業の無駄を省き、生産性を向上させる
 ・ライン化を推進し、リードタイムを短縮する
 ・多能工化を推進し、少人化を図る
 ・現場のカイゼンを推進する現場監督者、スタッフを育成する
 ・工程FMEAの実施
 ・過去トラブルのフィードバックシステム

などの予防処置を推進し、工場を多品種少量生産に耐えうる強い工場へ変えて
いくことが求められています。
いざ蓋をあけてから、あれもこれも不足しているからとあたかも「カイゼン」
を実施しているふりをしていたのが、今までの「品質管理」、「QC活動」です。
もう今の時代、このようなことは通用しなくなっていることに気が付かなければ
なりません。

正しい改善活動を今すぐスタートさせるるべきです。
はっきり言って、今までの品質管理、改善活動は、不良が起こってから手を打つ
いわゆる「モグラたたき」が主体でした。

多品種少量生産時代の品質管理は、是正処置主体ではやっていけません。
古い品質管理の概念から早く脱皮して、上記で述べた「予防主体の品質管理
に転換して行かなければ、もうこの先はありません。


posted by k_hamada at 03:44| ★品質管理の基本と日常業務 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   9月:セミナー予定
FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター