2018年07月01日

多品種少量生産時代の人材教育とは?製造業の人材育成・多能工化の進め方事例

近年は、中小ものづくり企業にとって、より高度な技術や多品種少量生産
変種変量生産に耐えうる企業体質への変革が求められています。

  ★セミナー情報
  ★無料サービス

またこれまで、親企業から受注した仕事を指示された通り手がけていたの
とは異なり、新たな市場へ進出を図り、他社との競合の中で、技術、品質
納期などの管理面でもレベルアップが必要となってきています。

ところが、環境変化に耐えうる優秀な人材の育成が遅れており、従来から
の下請け体質から抜け切れていない企業も多く見受けられます。

1.人材育成の問題点
では、以下に一般的な中小ものづくり企業の人材育成面での問題点を整理
してみます。
(1)技術の伝承について
多くの中小ものづくり企業は、戦後高度成長期に創業し、40年~50年を経過
しており、団塊世代の豊富な労働力に恵まれて成長してきましたが、すでに
この世代は50歳、60歳を越える年齢に達しています。彼らは、長年、もの
づくりに携わり、知識や経験も豊富で、高精度の部品加工なども難なくこな
すことができるのですが、すべて体に覚えこませているために、マニュアル
化などもされておらず、また若手技能者に継承することもままならないまま
リタイヤの時期を迎えつつあります。

このままでは、高度な技術・技能は伝承されることなく、消え去ってしまう
危機的状況におかれています。

(2)社内教育の仕組みについて
今後、中小ものづくり企業は、下請け構造から脱却し、新たな市場や新たな
技術分野に進出していかなければなりません。
経営トップは、常に産業動向や、市場の変化を捉え、会社の方向性を明確に
定め、人材育成の仕組みづくり、社員の意識づけ、教育を行っていくことが
求められますが、今まではそれを怠ってきたと考えられます。

特に、多品種少量・変種変量生産に対応する製造工程管理、生産管理、また
品質管理などの管理技術の習得、また課題を抽出して、それを改善していく
いくことが現場リーダーや管理層に求められますが、そのような考えや行動
をマネジメントできる管理人材は、ごく限られているのが現状です。

(3)若手人材の募集方法について
少子化に伴い、ものづくりの経験を有する即戦力の若手技術者は少なく
また魅力の乏しい企業に対しては応募する人材は少ないと考えられます。
ハローワークから募集すると言った従来の方法だけでは人材募集は困難
になっています。

また、若手社員を受け入れても、社内の仕組みが不十分であれば、優秀な
人材ほど定着は難しいと考えられます。

2.中小ものづくり企業の人材戦略
では、若くて優秀な人材を獲得する方法、そして採用した人材をいかに早
く戦力化していくかを検討してみましょう。
(1)技術の伝承について
長年培ったノウハウをベテランから若手へ、今のうちから伝承していかな
ければなりません。
それには、時間を割いて、現場作業を含む定期的な勉強会の実施、ベテラ
ン技能者の作業のビデオ・写真撮影、文書化、マニュアル化などの熟練技
術・技能の可視化、ベテラン技能者の雇用を延長、または嘱託として若手
の指導者へ任命するなどの対策を講じていく必要があります。

(2)社内の人材育成のしくみ、教育制度について
意欲ある人材の獲得につなげていく、また、長く在職してもらうためには
ものづくり企業としての魅力を十分に備えていなければなりません。

それには、経営者が自社の将来のあるべき姿を明示し、その方針に沿った
「採用 → 教育 → 評価・認定 → 処遇」の、それぞれを関連付け、PDCAの
回る仕組みの整備、また社員には、このステップを見える化を行い、将来
に希望を持てるようにすることが重要です。

(3)若手人材の募集について
ハローワークにとどまらず、技術者専門の人材紹介サービスの利用、ネッ
ト広告による募集、また地元工業高校、大学との連携により、インターン
シップによる学生の受け入れを行い、意欲ある人材の獲得につなげていく
など、多面的な採用活動を行っていく必要があります。

(4)多能工化推進
新卒者は、3年、5年の長期スパンで戦力化を図っていくことが求められ、
即戦力としては、中途採用者を雇用するなどの対応も必要になってきます。

但し、人件費は最小限に抑えなければならず、そのためには現在在籍する
社員の適性を見極め、人材マップを作成し、適正に応じた再教育により
多能工化を推進し、戦力アップを図り、労働生産性を高めていくことも
必要と思われます。

以上の通り、人材育成は今後のものづくり企業の将来を左右する重要な
取組みであると考えられます。経営者は早くそのことに気づき、中長期
計画で、人材強化に取り組むことで、継続的な利益を生み、他社との差
別化につながるものと考えます。

7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG