2018年05月08日

キーワード解説:QCサークル活動の進め方事例

【キーワード解説】
 ★QCサークル活動【】【 ★攻めの改善活動【
 ★工場の3つの改善活動形態【 ★改善活動の停滞する理由【1】
 ★改善活動の形骸化【 ★QCストーリー【
 ★生産現場の問題解決【】【】【 ★負担の少ない改善活動【
 ★改善活動による人材育成【 ★STPDサイクル【
 ★PDCAサイクル【


キーワード解説:QCサークル活動の進め方事例
QCサークル活動(小集団活動)とは一体どのような活動を指すでしょうか?
特に中小企業にとって今後の生き残りの手段として、現場の活性化、自主的な
改善を期待する経営者は多いと思います。

ただ、現場の主体性に期待するだけでは、改善活動は盛り上がりません。
活動の停滞、形骸化の主な原因は、経営者と管理者にあると言えます。

企業として、3年後、5年後にこうありたい、この目標に到達したいという
方向性が明確になっていなければ、問題意識も各部署、各社員バラバラで
り、結局のところ「整理整頓」や小手先の改善でお茶を濁すことになって
しまいます。

まず経営者は会社全体の方向性を示し、そのうえでそれに向って、各職場で
または各個人で何をしなければならないかをよく考えさせて、それを改善活動
に結び付けて行くように仕向けることが重要となります。

7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG