2018年04月25日

ヒューマンエラー(ポカミス)はうっかりミスか?(情報伝達ツールの問題)製造業の品質対策、改善事例

ヒューマンエラー(ポカミス)とは、人間が機械を使って作業する場合などで
人間が行うべき作業を適切に行わない事により生じるエラーです。

工場のヒューマンエラーは、作業者が集中力を欠き、つい「うっかり」とミスを
犯してしまうというイメージが強いのですが、実は、最近はそうとも言えない
ヒューマンエラーが増加しています。



 ★ヒューマンエラー再発防止・予防対策(事例研究)

  ★関連記事

単純作業から、複雑で様々な作業を、臨機応変に行わなければならなくなった
最近の工場では、決められた作業を繰り返すだけでなく、新たな要求や情報に
基づく判断が必要になったり、高度な技能を要求される作業が発生したりします。

1.情報伝達の問題
そのような中で、情報が不足したり正確でなかったりする場合は、間違った
情報を基に作業を進めてしまい、ミスにつながります。
また、情報を正しく理解しないまま作業を進めてしまうことも考えられます。

情報の発信元、情報の受け手ともに正しい情報をタイムリーに必要な人(部署)
に伝える、又は受け取るように努めなければなりません。

ところが、意外と縦/横の情報ルートが確立していない企業が多いのも事実です。
情報伝達ルールが確立していないのです。

最近はネット社会で、すぐさま情報は伝わるはずですが、社内の事情となると
それが徹底されません。あるアンケート調査では、社内の風通りの悪さを感じ
ている人は80%以上に上っています。

2.コミュニケーション活性化ツール
つまり、ミスを減らし、仕事の生産性(創造性・効率性)を向上させるためには
社内コミュニケーションの良し悪しが大きく影響していると考えられるのです。

コミュニケーション不足は組織にさまざまな機能障害を引き起こします。また
コミュニケーションの基本は「顔」が見られる関係であるということも言えます。

現代社会において大切なのは、ITとフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケー
ションをバランスよく持つことだと言われています。
では、コミュニケーション活性化ツールとはどのようなものでしょうか?
①「社内ブログ」「社内掲示板」
 日常業務上発見したノウハウ、ランチ情報、個人的意見などの情報発信

taikisha.png

② グループチャットツール
 ビジネスチャットツールと呼ばれる、業務で利用するチャット機能
 共有ファイル機能

886467.jpg

③ フリーアドレスオフィス
 フラット型組織の導入、プロジェクト単位で仕事する場合、社員一人ひとり
 の座席を特定しない「フリーアドレスオフィス」が一般的になりつつある

b5fa4303e85f16ba780c7959d0f8c1b4.jpg

④ スタンディング・ミーティング  
 スピード重視の内容の時に行う、人数設定は少人数で、時間は短く区切る

q2_2.jpg


セミナーは各地開催中! お申し込みは下記フォーマットより


【関連する記事】

2019年 セミナー開催予定表 <こちらから
 2019年1月30日(水)東京北区王子 北とぴあ
  中小製造業で使えるFMEA実践コース<事例・演習付き>

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!