ごあいさつ:合同会社 高崎ものづくり技術研究所

圧倒的な情報量により製造業の品質改善、生産性向上などの付加価値向上に寄与する
製造業の現場ですぐ活用できる品質改善手法・事例の紹介:高崎ものづくり技術研究所

0524_2.JPG

中小製造業では、特に人材や時間に限りがあります。
そんな中で、効果的な品質管理を行うにはどうすればいいでしょうか

日本のものづくりが優れているのは、人に受け継がれてきた優れた熟練技です。
また、全員一丸となって困難に立ち向かおうとする力の結集力です。

しかし、これだけでは、これからの時代に中小が生き残っていくことは困難に
なって来ました。市場の厳しい品質要求に応えていくこと、また多様なニーズを
とらえて機敏に対応していくことが求まられますが、少子化、熟練技能者の
リタイヤなど、経営資源の不足する中小企業では対応が困難となっています。

中小企業にとって,今求められるのは、このような時代の要求に応えられる人材を
育成することです。
必要なのは、自ら課題を設定して、それを解決していける「自立型人材」です
また、デジタル革命が進む中、IOT、AIなど技術人材の育成も急務です。

企業を取り巻く環境は大きく変化し、グローバル化した情報化社会といわれ、
様々な情報が瞬時に手に入る時代です。
それらの最新の情報を主体的に入手し、学習し、積極的に仕事に取り入れて
いくことが求められます。

IOTの時代が到来し、ルーチン業務は機械への置き換えが加速するといわれて
います。生産性向上を図って人は、付加価値業務へシフトして新たな製品や
新市場の開拓、生産性向上などの開発、改善業務に就いて、利益を確保して
いかなければなりません。

特に若手人材に対しては、時代に適合した基本となる品質管理の考え方を伝える
ことによって、意識改革・行動改革につなげていく支援を今後も継続していきたい
と考えています。

 合同会社 高崎ものづくり技術研究所
  代表 濱田金男