No.14 工場長の不良ゼロ対策 7つのステップ:製造業管理者・リーダー研修用テキスト:事例研究解説書・品質改善の進め方電子版マニュアル

Amazon アマゾンでは絶対見つからない!解説書/書籍/本
工場長の不良ゼロ対策 7つのステップ
スライド4.JPG
PDF電子データ版:税込3000円
 下段のお申し込みフォームのNo.14をご指定ください。
 お求めはクレジットカード(海外可)または銀行振り込みで! 
 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから

 目次

はじめに
 なぜ不良は多発するのか?
 日本の品質管理は世界一と言う誤解
 不良が減らない三つの理由

ステップ1.自社の現状を客観視する
 1.1 問題解決レベルを測る
 1.2 組織の活性度を測る(事例紹介
 1.3 人材育成度を測る (事例紹介
 1.4 基本ルールの浸透度を測る
 1.5 経営者の方針・目標の明確度を測る 

ステップ2.品質管理の目的と目指す姿の明確化
 2.1 品質管理を正しく理解する
 2.2 品質管理の目的の明確化
 2.3 自社が目指す品質管理の明確化(事例紹介

ステップ3.不良原因解析2段階法の解説
 3.1 直接原因(因果関係)の究明
 3.2 なぜ予防できなかったか(管理プロセスの原因)の追究
 3.3 なぜなぜ分析の正しい進め方(添削問題
 3.4 工程内不良の対策手順
 3.5 ヒューマンエラー防止策
 3.6 流出防止策を講ずる
 3.7 事例研究

ステップ4.工程の乱れをなくす4M変更管理
 4.1 4M変更管理とは
 4.2 4M変更管理の位置づけ
 4.3体系的4M変更管理(事例紹介
 4.4 変種変量生産の4M変更管理(事例紹介
 4.5 協力工場の4M変更管理
 4.6 特種工程管理
 4.7 トレーサビリティー管理

ステップ5.工程設計とFMEA(簡易評価法)
 5.1 FMEAとは
 5.2 故障モードとは
 5.3 故障モードに注目する理由
 5.4 工程の機能設計と信頼性設計
 5.5 QC工程表の作成
 5.6 FMEAの実施手順
 5.7 工程FMEAの実施手順
 5.8 簡易評価法(当研究所推奨)とは
 5.9 簡易評価法の利点(事例紹介

ステップ6.見える管理で悪さを顕在化させる
 6.1 見える管理の目的
 6.2 現場の見える化
 6.3 見える化のマネジメント
 6.4 見える化の種類

ステップ7.予防対策主体のQMSを構築する
 7.1 ISO9000認証取得の結果は?(事例紹介
 7.2 独自の品質マネジメントシステム(QMS)
 7.3 品質管理は「予防」に重点を置く
 7.4 正しい改善活動とは?
 7.5 経営計画書と正しい方針管理の進め方?

付録.品質管理用語解説

 (PDF電子データ版:税込3000円)
 お求めはクレジットカードまたは銀行振り込みで!


製造業の管理者・リーダー品質改善 研修テキストシリーズ
2021年 DVD版:音声解説&スライド・テキスト・各6000円
 ★廉価版 PDFテキストシリーズは<こちらから
 ★YouTube試聴動画は<こちらから
 ★会員割引特典 通常価格より → 30% Off 会員登録は<こちらから> 
スライド1.JPG
No.01 :6,000円
時代に適した新たな品質管理の取り組みに重点を置き、潜在不良の未然流出防止対策の考え方と実施手順について解説します。
品質管理の基本とルールを守るしくみ、工程設計段階における予防処置、4M管理手法、検査方式設計手法など。
   詳しい内容はこちら 
スライド2.JPG
No.02:基礎編 6,000円/応用編 6,000円
ヒューマンエラー対策のポイントは、ミスの起きやすい作業を科学的に分析すること、ミスを予防するためのしくみをしっかり構築することです。多品種少量生産工場においてヒューマンエラー対策は最も重要な品質向上策です。
   詳しい内容は<こちら
スライド3.JPG
No.03 :6,000円
多品種少量生産工場における現場の日常管理の主体は4M変化点管理です。本マニュアルでは、4M変化点の発生するケースを3つに分類し、それぞれの管理方法、手順を詳しく解説します。
   詳しい内容はこちら
スライド4.JPG
No.04:基礎編 6,000円/応用編 6,000円
モノと情報の流れ図を作成し、流れを阻害する個所を特定し、しくみの悪さを是正する活動で、部分最適に陥ることなく、全体最適化を図り、工場の品質向上、生産性向上を図る。 
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.11:基礎編 6,000円/実務編 6,000円
FMEA簡易評価法(DRBFM)を基礎から学ぶための入門テキスト 基本的な考え方補助ツール、実施手順(事例)をわかりやすく解説します。
   詳しい内容は<こちら
スライド2.JPG
No.12 :6,000円
工程FMEAを実施するにあたっては、製造工程の信頼性設計の考え方、リスクの想定と予防策を講ずることが前提となります。また上流工程からの情報の欠落、劣化を防止するためのレビュー実施が欠かせません。
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.21:基礎編 6,000円/応用編 6,000円
スマートファクトリー化を見据えた中小製造業のロボット導入、IOT導入を伴う現場改革手順、導入の課題を明らかにします。
  詳しい内容はこちら
スライド2.JPG
No.22:基礎編 6,000円/応用編 6,000円
ボトルネック・制約条件(TOC)理論に注目して、攻めどころを設定し、リードタイム短縮、付加価値生産性(スループット)工場を図る改善手順について事例を交え、解説します。
   詳しい内容はこちら