製造問題 不良ゼロ対策7つのステップ:Amazon アマゾンでは絶対見つからない!解説書/書籍/本

製造業の品質問題がなぜ解決できないのか?Amazon アマゾンでは絶対
見つからない!解説書/書籍/本
「不良ゼロ対策の手順:7つのステップ」は、経営品質を時系列・体系的
に捉えた解説書です。
不良対策手法をすべて網羅、不良が減らない理由、弱点、陥り易い間違い
を直し、正しい品質管理の考え方をどこよりも詳しく解説しています!

不良ゼロへの手順:7つのステップ」は、自社の置かれている現状の実力
をまず客観視して、そこから実現可能な内容から、段階的に「不良ゼロ」
実現を目指して取り組んでいく手法を取っていきます。

実際に起こっている不良を緊急に止めなければならないのは当然ですが、
自社のレベル、能力に合わせた手法を体系的に取り入れて、品質レベルを
段階的に上げて行くような取組みが必要になってきます。

いきなり、レベルの高い手法に取り組んでも、消化不良を起こし、返って逆
効果になってしまいます。

では、以下に「不良ゼロへの手順:7つのステップ」の概要を説明します。

スライド1.JPG

ステップ1.自社の実力を客観視する
 ・日常の問題解決活動レベルを測る
 ・QMSの運用レベルを測る

まず、経営者や社員の品質に対する取り組み姿勢、ISO9000などのマネジ
メントシステムの構築内容と運用レベルを評価します。
これによって、どのレベルから対策をスタートするかが決定します。 

ステップ2.品質管理の正しい理解と、自社の到達目標の設定
 ・品質管理の目的の明確化
 ・自社が目指す品質レベルの姿とは

扱う業種や顧客によって、自社の製品・サービスが実現しなければならない
品質レベルを決定します。例えば、加工精度は±0.1mmmなのか、±0.001
mmなのかによって、設備や計測器は異なってきます。また、管理手順も
複雑になってきます。
どこまでの品質レベルを提供するのか?これは経営トップの方針として明確
にする必要があります。

ステップ3.発生した問題を確実に解決する
 ・不良の直接原因(真の原因)追究
 ・慢性不良の原因究明と対策
 ・市場流出不良対策
 ・協力工場不良対策

このステップは、まだいわゆる「もぐらたたき」の段階です。
出た問題に対して対策を打つ。一般的に行われていることで、これが、
品質改善活動、「カイゼン」と勘違いしている企業もあるくらいです。
もちろん、出た問題を対策することは疎かにはできませんが、ここを
抜け出し一つ上のステップに進歩しない限り、「不良ゼロ」達成は望め
ません。

ステップ4.工程設計
 ・QC工程表の作成
 ・工程FMEA
 ・ヒューマンエラー対策

ステップ4まで来ると、「もぐらたたき」ではなく、未然に問題のつぶし
込みを行う「予防処置」が形になってきます。

「形」だけはできている企業もありますが、中身が伴っていない場合も意外
と多いのです。FMEAは、規定でやることになっているから、体裁を整える
だけの企業も多いのではないでしょうか?
工程の機能設計と、信頼性設計の考え方を、正しく理解する必要があります。

ステップ5.4M変動管理
 ・設計変更管理
 ・初期流動管理
 ・特殊工程管理
 ・機械設備管理
 ・人の管理
 ・材料部品の管理
 ・協力工場の管理

製造工程は、波風絶たずに整然と流れるのが理想ですがそうはいきません。
多品種少量生産では、製品の切り替えが頻繁に起こります。また設計変更
も翻発するでしょう。
4M変動をうまく管理するのは、並大抵ではできません。各社ノウハウの
蓄積に努めなければばらないところです。

ステップ6.見える管理
 ・管理図
 ・変更通知
 ・トレーサビリティー管理

問題発生の要因となる4Mの監視、結果のQCDの監視を行い、それを見える
化することで、どこに問題があるのかが顕在化します。
あらかじめ予想される4Mの変動に関しては、関連部門で情報共有を行う必要
があります。見える管理は、アクションを取るトリガとして重要な役割を
担っています。

ステップ7.目指すQMS構築に向けて
 ・いかに継続的改善を続けるか?
 ・自社独自のQMSを構築するには?
 ・品質経営とは?

世の中に完ぺきなものはありません。
一度構築した「QMS:品質マネジメントシステム」も、たゆまぬ改善努力
によってより完璧なシステムにしていくことが求められます。

ISOの要求事項を満足することを目的としたシステムから脱皮して、真に
自社の目指すシステムは何かを考え、顧客に対してどのような製品・サー
ビスを提供するのか?そのためにはQMSはどうあるべきかを経営者を
はじめ全社一体となって考え追求していかなければならないのです。




★不良原因解析2段階法を実習で習得するセミナー
★無料サービス



2021年 DVD版:ナレーション付きテキスト品質改善講座
 各6000円   お申し込みは <こちらから
 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから> 
スライド1.JPG
No.01 DVD:6,000円
時代に適した新たな品質管理の取り組みに重点を置き、潜在不良の未然流出防止対策の考え方と実施手順について解説します。
品質管理の基本とルールを守るしくみ、工程設計段階における予防処置、4M管理手法、検査方式設計手法など。
   詳しい内容はこちら 
スライド2.JPG
No.02a DVD:基礎編 6,000円
No.02b DVD:応用編 6,000円
ヒューマンエラー対策のポイントは、ミスの起きやすい作業を科学的に分析すること、ミスを予防するためのしくみをしっかり構築することです。多品種少量生産工場においてヒューマンエラー対策は最も重要な品質向上策です。
   詳しい内容は<こちら
スライド3.JPG
No.03 DVD:6,000円
多品種少量生産工場における現場の日常管理の主体は4M変化点管理です。本マニュアルでは、4M変化点の発生するケースを3つに分類し、それぞれの管理方法、手順を詳しく解説します。
   詳しい内容はこちら
スライド4.JPG
No.04a DVD:基礎編 6,000円
No.04b DVD:応用編 6,000円
モノと情報の流れ図を作成し、流れを阻害する個所を特定し、しくみの悪さを是正する活動で、部分最適に陥ることなく、全体最適化を図り、工場の品質向上、生産性向上を図る。 
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.11a DVD:基礎編 6,000円
No.11b DVD:実務編 6,000円
FMEA簡易評価法(DRBFM)を基礎から学ぶための入門テキスト 基本的な考え方補助ツール、実施手順(事例)をわかりやすく解説します。
   詳しい内容は<こちら
スライド2.JPG
No.12 DVD:6,000円
工程FMEAを実施するにあたっては、製造工程の信頼性設計の考え方、リスクの想定と予防策を講ずることが前提となります。また上流工程からの情報の欠落、劣化を防止するためのレビュー実施が欠かせません。
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.21a DVD:基礎編 6,000円
No.21b DVD:応用編 6,000円
スマートファクトリー化を見据えた中小製造業のロボット導入、IOT導入を伴う現場改革手順、導入の課題を明らかにします。
  詳しい内容はこちら
スライド2.JPG
No.22a DVD:基礎編 6,000円
No.22b DVD:応用編 6,000円
ボトルネック・制約条件(TOC)理論に注目して、攻めどころを設定し、リードタイム短縮、付加価値生産性(スループット)工場を図る改善手順について事例を交え、解説します。
   詳しい内容はこちら
お申し込みはこちらから
 品質管理・品質改善事例研究
      <PDF電子データー配信>

 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから 

★ご注文は <こちらから
  お支払いは、銀行口座振り込み、クレジットカード払い、Paypalから選択
  (海外からもで購入可能)

スライド1.JPG
多品種少量生産、人手不足など厳しい市場の品質要求に応える新しい品質管理手法を提案!統計を使ったもぐらたたき方式から気づき、予測に基づくトラブル未然防止に重点を切り替えます。
 ★PDF電子マニュアル:1500円
スライド1.JPG
多品種少量生産時代の現場の4M管理のルール重点管理・先手管理/重要要因・重要特性の統計的管理手法などを体系的に網羅しています。
 ★PDF電子マニュアル:3,000円
スライド2.JPG
まず、現場におけるモノと情報の流れ図を作成し、全体を俯瞰します。流れを妨げる問題をクローズアップし原因を究明します。原因は、管理の仕組み上の不備・欠陥に起因します。決して現場の整理整頓など目に見える事象に囚われてはいけません。
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド1.JPG
企業の問題で一番対策が難しいのはヒューマンエラーです。その再発防止手順を主体に具体的に分かり易く解説。ポイントはヒューマンエラーの品質管理要因分類!IT・AI最新技術を活用した検査装置、作業ミス防止装置など!
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド1.JPG
工場監査(工場選定)、ISO9000に沿ったシステム監査、工程監査(SMT基板工場)の3種類セットになっています。協力工場調査130項目、工場システム監査19項目、工程監査280項目、海外工場にも使えます。
 ★EXCEL形式データ:3,000円
スライド1.JPG
製造工程設計におけるFMEAの考え方・実施手順、リスク予防の観点で製造工程の予防対策を実施方法をわかりやすく解説します 
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド2.JPG
小規模設計チーム、部品設計、ユニット設計など小規模な製品でも使えるFMEA簡易評価法を紹介します。FMEAの基礎知識、設計工程に組み込むにはどうするか?ノウハウを明らかにする実務解説書。
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
全シリーズ(23種類)の一覧表は<こちら