2018年05月08日

QCサークル活動 効果が得られ負担の少ない活動の進め方:製造業の改善活動事例

新QCサークル活動・小集団活動の手順を解説します。
世の中で、データねつ造・改ざんの問題が日常茶飯事で発生しています。
実は、QCサークル活動でも美辞麗句を並びたてた嘘の報告書の作成、嘘の
活動の発表会が何の疑問もなく続けられています。

 ★環境変化に適応する新しいQCサークル活動とは?
  ★業務改善活動・QCサークル活動を事例で習得するセミナー

まさか、そのことが今起こってる様々なデータ改ざんにつながっているとは
思いませんが、QCサークル活動も「正しい姿」に戻さなければなりません。

以下に、嘘をつかない「真実のQCサークル活動」を目指した活動手順案を
説明します。

1.QCサークル活動の目的
QCサークル活動は、職場内に結成されたサークルによる日常業務の改善活動
であり、自己研さん、相互啓蒙を図り、会社の方針のもとに、会社の利益に
貢献する「人材」の育成を図ることを目的とします。

2.QCサークル活動の内容
QCサークル活動は、日常業務の中でCAPDを回すことを基本とします。
つまり、活動のパターンは、サークルメンバーが、日常業務で担当する業務
のなかでムリ・ムラ・ムダを取り除く改善活動のサイクルです。
逆に日常業務の活動サイクルは、このようなパターンが繰り返されるように
なっていなければいけません。
  C:業務の見える化、問題点の顕在化
  A:問題点への取り組み

通常の業務では、このCAの繰り返しが行われていますが、難しい問題は更に
  P:すぐに解決できない問題に対し、対策を検討する
  D:対策を実施し、経過を見る
も加えて基本サイクルとします。
今までQCサークル活動として一般化しているQCストーリーは、業務改善活動中
は使わないものとします。

つまり、テーマ選定、目標設定、スケジュール決定など、業務とかけ離れた
活動は一切行わないと言うことです。

3.日常業務と改善活動
日常業務は、お客様からの注文に対して、納期を守り、品質の良いものを
作って提供する活動が主な内容で、毎日朝から夕方まで、忙しい作業が待っ
ています。

しかしながら、発生した問題をそのまま放置することは許されません。
そこで、通常の生産活動に加え、課題の早期解決を図っていく活動も同時
並行で行っていかなければなりません。

そのためには、以下の活動が必要になってきます。
職場サークル内で毎週一回程度、定期的な夕会(昼会)を開催します。
議長(司会)、書記は当番制とし、議事内容は以下の項目とします。
 ・前週残された問題の進捗状況確認
 ・新たな問題の提案
 ・解決方向の討論
 ・担当者の決定(時期、方法、解決の推進に当たる)

4.定期リーダ集会(1回/月)
QCサークル事務局は各サークルの問題解決状況を把握するため、リーダー
会議を開催します。その会議の内容は
 ・サークル間で連携が必要なテーマの進め方の討議
 ・経営判断が必要なテーマであり全社プロジェクトで解決する問題の提起
 ・解決済みの問題で、発表用のテーマを決める(半年に1回)
 ・各未解決問題の解決方向の討議

5.QCサークル発表会
各サークルは解決済みのテーマの中から一つを選び、発表用にまとめます。
発表会は、半年に1回程度開催します。発表内容はQCストーリーにこだわらず
以下のように事実の内容をまとめます。
(1)現状(対策前の悪さ)・・・データ
(2)要因の調査内容
   調査1、調査2、調査3・・・原因の絞り込み
(3)手を打った内容
   対策1・・・データ(良くなっているか?)
   対策2・・・データ(良くなっているか?)
   対策3・・・データ(良くなっているか?)
(4)考察
   活動の総括
   自己評価

QCサークル発表会の目的は、金額効果の多少を競うものではありません。
またQCストーリーに無理やり当てはめることは厳禁です。
各サークルの苦労した内容、上手くいかなかった内容も含めありのままの
姿を包み隠さず発表することに意義があるのです。

繰り返しますが、問題解決は、チェック(C)アクション(A)、(C)(A)
の繰り返しで解決しているのであって、決してQCストーリー通りに行って
いるわけではないのです。

それを無理やりQCストーリーでまとめようとするから「ねつ造」が蔓延して
しまうのです。

真実の発表、失敗経験の中に、必ずサークルやサークルメンバーの成長の跡が
刻まれているのであって、美辞麗句で飾られた建前だけの空虚な発表を聞いて
いるよりずっと充実感を得ることができるはずです。
  
6.QCサークル活動結果のレビュー
事務局は年間を通して、各サークルの活動状況を集計し、未解決件数を集計
し、経営者へ報告します。
また各サークルの未解決テーマの状況をヒヤリングして解決の促進を促します。

 ★環境変化に適応する新しいQCサークル活動とは?



7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG