2018年04月24日

製造業の体系的4M管理のしくみトップページ(1章~4章:目次)

圧倒的な情報量と体系化により、4M管理の全容を明らかにします。
製造業における4M管理の目的、運用の仕方、改善の進め方などについて
徹底解説します。

第一章 4M管理とは何か?
 1.4M管理の概要
 2.4M管理の管理ポイント 
第二章 4M管理の体系化
 1.4M管理を体系化する
 2.応用編

第三章 4M管理事例

第四章 4M管理マニュアル


【4M管理のキーワード解説】
 ★4M管理の目的【】【】 ★4M管理の手順【】【
 ★4M管理の体系化【】【】 ★異常の定義と見える化【】【】【
 ★予測可能な変化点【】 ★突発的な変化点【】 ★重要要因・重要特性の管理【
 ★先手管理【】 ★特殊工程管理【】 ★トレーサビリティー管理【
 ★協力工場の4M管理【】【】 ★多品種少量生産の4M管理【
 ★未然予防の管理【】【】 ★4M管理にIOTを活用する【
 ★長編コラム(体系的4M管理)【】【


キーワード解説:4M変化点管理の進め方



多品種少量受注生産工場では不具合を未然に防止する品質管理の仕組みが従来に
まして重要となっています。
そこで日常業務の一つとして、4M変化点管理を体系的にしくみ化していくことが
求められます。

しかし、しかし、ISO9000のマネジメントシステムでは、体系的な「4M変化点管理」
は定義されていないために、工場ではどのように4M管理を行っていけば良いかが
不明確になっています。

4M管理の重要なしくみとしては、以下のものが挙げられます。
 ①4Mの変化を捉える対象の定義(対象の製品、工程を特定と優先順位付け)
 ②変化点の洗い出しと、変化として捉える方法、尺度(異常状態)を定義する
 ③変化点の重みづけ(品質に重大な影響を及ぼすかどうかでランク分け)
 ④それぞれの変化点が発生したときの処置手順と内容(5W1H) 
 ⑤品質特性の監視方法(検査・測定の方法・周期、管理図の作成要否など)

posted by k_hamada at 23:59| ★4M変更(変化点)管理の進め方 | 更新情報をチェックする
 ★無料書式フォーマット
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアル

 ★無料ネット相談
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
9月27日(金)大阪市産業創造館
(計画中)
(計画中)
(計画中)
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG