2017年02月03日

新製品の試作から量産に向けての課題を解決する:新製品の生産立上げ手順

新規で製品の立ち上げで、試作から量産に向けて、様々な問題、課題を解決
しなければなりません。

①工場の選定はどのように行えば良いのか。
 チェック項目や注意点などを知りたい。
②試作の方法はどのようなものがあるのか?
 サンプルを作る場合、金型はどうすればいいのか?
③量産開始前の準備は何が必要か?
 ドキュメント類や、設備類はどうやってじゅんびすればいいか?
④量産後の生産管理、品質管理はどのように行うのか?
 体制やツールなどどのように整えるのか?
⑤立上げの体制はどのように整えたらいいのか?

IMG_2519.JPG

では、①から順に解説します。
工場選定について
協力工場を選定するには、当然QCDの要求を満足しなければなりません。
生産設備の生産能力の余力、精度管理、生産管理、品質管理、資材管理など
直接部門だけでなく間接部門を含む工場システム全般を確認し、自社の製品の
生産に適しているかどうかを見極めます。
更に類似の製品を製造した実績があるかどうか?が大事な選定ポイントになり
ます。それには、あらかじめ工場監査チェックシートを作成し、漏れなく確認を
行います。

必要に応じ、財務状況やトラブルの有無なども調査を行います。生産可能と判断
した段階で、取引基本契約、品質保証契約、ライセンス契約など必要な契約を
取り交わします。

試作の方法について
生産する製品の規模にもよりますが、一般に受注、資材調達、部品加工、組立
・試験、検査、最後に出荷という工程が必要と思われます。すべて協力工場へ
委託するのか、あるいは、一部を協力工場へ委託し、組立試験、検査工程を含む
メインの工程を自社内で担当するのかによって管理の仕方は変わってきます。

量産開始前の準備は何が必要か
工場のレイアウト、必要な設備類のリスト、生産能力の算出、人員構成など
4Mの必要な条件をすべてリストアップし、分担して準備を行います。

QC工程図を作成し、4Mの作り込み条件、手順を決めます。必要に応じて作業
手順書、検査規格書なども作成します。

工程が決まったら、作業者の訓練を兼ねて、試作製造を行います。
問題点の抽出と対策を繰り返しながら、量産に入れるかどうかを見極めします。

量産開始後は、初期管理体制を敷いて、問題発生時の即応体制を敷きます。
各種の工程データをモニタし、異常の早期検出を行います。

量産後の生産管理、品質管理はどのように行うか
協力工場も含めた、工程の分担、物流、商流をどうするか、まず決めること
が必要と思われます。
その上で、生産管理方式を決めることになりますが、自社では一切生産に関与
しないのであれば、最終製品を出荷するキーになる協力工場を選定ることに
より、すべての管理を任せることが可能となります。
逆に自社内で生産を行うのであれば、それなりの体制を組むことが必要です。
管理はプロの仕事ですので、専門家のアドバイスだけでは、日々の実務は難し
いと思います。
品質管理も同様ですが、すべてを任せるのではなく、品質保証の体制が取られ
ているか?4Mの変化に対応できているか?など、定期的に工場へ出向いて
確認を行います。(工程監査)
また、完成品についても、工場へ出向き、ロットごとに立会検査を実施します。

立上げの体制はどのように整えたらいいのか
量産製造立上げは、考えておかなければならない事が多岐にわたります。
新製品は、素早く生産立上げを行い、軌道に乗せることが重要であり(垂直立上)
市場投入時期を逸すると、その分販売チャンスを失うことになります。
プロジェクト全般について課題解決を図り、日程通り進捗を管理するコーディ
ネータの役割は重要になります。従って経験豊かなアドバイザーの選定が
望まれます。

7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
2019年
1月30日(水)
9:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 803会議室
JR王子駅北口5分
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA(DRBFM)/FTA
・リスクアセスメント



    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG