2018年06月24日

町工場でできる品質管理(3)(製造業の工場品質改善対策・事例の解説)

日本にはまだまだ元気な町工場が活躍しています。
3人や5人またはせいぜい10人規模の工場で品質管理は必要でしょうか?
もし必要なら、一体どんな管理が必要になるでしょうか?

25017000009.jpg

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
   ・詳細内容・スケジュール(東京・群馬で毎月開催)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・品質不良ゼロ対策 7つのステップ
   ・工場長の体系的組織改革・業務改革マニュアル
   ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル 
   ・受注加工生産工場のトヨタ式生産管理マニュアル
 ★無料サービス
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座
   ・無料ネット相談

町工場でモノを作っているからには、おそらく図面通りの加工はできて
価格、納期も納入先の要求を満足しているものと思います。それぞれの
持ち場で、社員一人一人が役割を分担して、自然的に出来上がった、チーム
ワークによって仕事が進んでいるのだと想像できます。

そこには暗黙のルールが出来ており、何か問題が発生すると協力しあって
解決に当たる、そのような危機管理もちゃんと出来ているのだと思います。

それはもう、品質管理という意識はなくても、日常業務管理、問題発生時の
処理手順が出来上がっているのです。

PDCAサイクルを回すマネジメントの中で、DCAサイクルのしくみは
すでにできているのです。
あとはP(プラン)を立て、目標を定めて仕事をすること。これができれば
一連の品質管理の活動の形が出来上がることになります。

大手の会社から受注を獲得する、あるいは自ら営業活動を行い、顧客を獲得
するには、最低限の管理体制が整っていることが、企業としての信頼を得る
ことに繋がります。

さあ、そこで最低限の管理体制とはどのようなものでしょうか?
次回以降、一緒に考えてみましょう!


  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!