2018年06月24日

町工場でできる身の丈品質管理の進め方

日本にはまだまだ元気な町工場が活躍しています。
3人や5人またはせいぜい10人規模の工場で品質管理は必要でしょうか?
その場合、一体どんな管理が必要になるでしょうか?

25017000009.jpg


 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

町工場でモノを作っているからには、おそらく図面通りの加工はできて
価格、納期も納入先の要求を満足しているものと思います。それぞれの
持ち場で、社員一人一人が役割を分担して、自然的に出来上がった、チーム
ワークによって仕事が進んでいるのだと想像できます。

そこには暗黙のルールが出来ており、何か問題が発生すると協力しあって
解決に当たる、そのような危機管理もちゃんと出来ているのだと思います。

大手の会社から受注を獲得する、あるいは自ら営業活動を行い、顧客を獲得
するには、最低限の管理体制が整っていることが、企業としての信頼を得る
ことに繋がります。

■ 町工場にとっても重要な品質管理
製造業で生きていく上で、品質管理は事業の心臓部であると言っても過言では
ないでしょう。それは大企業でも、町工場でも、全く変わりません。
「あそこに頼んだら不良品だらけだ」というような評判が立てば、製造業と
して継続することはできないのです。
町工場は大企業と違い、資金も設備も限られており、働く人が少ない。
そうした少ない人数で品質管理を徹底するということは、予想以上に大変な
ことです。
品質管理専門の人員を置ければ良いですが、そのような余裕はないのが多く
の町工場の実情です。 一方、不良品が出た場合の損失の影響は、小さな企業
であればあるほど大きくなります。1分1秒が貴重な工場にとって、不良品
を作るということは、それだけ無駄を生じることになり、町工場にとっては
品質管理の良し悪しは、死活問題です。

■さあ、そこで最低限必要な品質管理体制とはどのようなものでしょうか?
顧客は、自社に比べ大手のメーカーが多く、いずれも高い品質を求めています。
受注時には、顧客からの厳しい品質管理の監査をパスする必要があります。

町工場には、検査部門を特別におく余裕はないので、作業員が検査員となり
例えば交代で検査を行って、作業員Aが9時、11時、13時、15時と2時間ごと
に検査します。作業員Bは、10時、14時、16時に検査を行います。それぞれの
作業員が、お互いの検査を確認しあい、品質向上へと努めます。 こうした品質
管理は、工程の進捗管理にもつながります。

細かい作業ですが、こうしたチェックを組み込むことで、不良品を作り続けて
無駄にする時間を1秒でも減らしたいという狙いがあります。これは機械を
自動運転させるのではなく、一つ一つを手作業で加工している方法に適した
検査法で、町工場はそれぞれの体力や環境に応じて、試行錯誤していくことが
大事だと思います。

■身の丈に応じた最上の品質管理
町工場は、身の丈に応じた最上の品質管理を目指すべきだと思います。
業種や企業規模に応じて、例えばITを導入した管理体制を整える必要もあれば
それができない企業でも、諦めずにできる範囲での工夫を重ねていく必要が
あると思います。

町工場にとって大事なことは、小さな努力の積み重ねを、持続的に行っていく
ことではないでしょうか。日々少しでも改善しようとする意志と、変化する
社会の価値観や顧客の要望にきちんと向き合うことです。町工場といえども
品質管理にゴールはありません。



posted by k_hamada at 03:00| ★町工場でできる品質管理 | 更新情報をチェックする
 ★無料書式フォーマット
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアル

 ★無料ネット相談
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
9月27日(金)大阪市産業創造館
(計画中)
(計画中)
(計画中)
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG