市場のリスク対応と信頼性設計のしくみトップページ(目次)

【解説記事】
1.市場トラブルと設計ミス再発防止 

2.設計標準化

3.信頼性設計・安全性設計
【キーワード解説】
 ★設計ノウハウシステム【 ★設計のしくみの「めざすもの」【
 ★設計品質の作り込み【1】 ★設計と製造の役割と品質保証【
 ★設計ミスと信頼性・安全性設計【 ★リスクベース設計【】【
 ★設計ミス防止とお客様目線【 ★過去トラを設計に取り込む【
 ★標準化と共通化【 ★具体設計段階の品質確保【
 ★設計プロセスと品質管理【 ★商品の信頼性と安全性【
 ★デザインレビューを有効に活用するには【 ★QC工程図と工程設計【
 ★企画品質・設計品質・製造品質・使用品質【 ★QFD【
 ★商品コンセプト【 ★ヒューマンエラーの回避【
 ★FMEA/FTA【 ★IATF16949(TS16949)の要求事項【


キーワード解説:リスク対応の信頼性設計のしくみ

品質を最大限に高めるのは設計システムや手法ではなく、あくまでエンジニア
という人間です。
商品の開発を1人で行うケースは非常に稀です。しかし設計システムや手法を
使って多くの経験やスキルを持ったエンジニアが必ず存在します。
システムや手法がもたらしてくれるメリットを最大限に利用しつつ、エンジニア
同士が協力しあうことで設計品質を高めることができます。

また、蓄積されたノウハウや、過去トラ情報など、できるだけ品質が保証され
ているものを利用する、設計の標準化、共通化を図る、レビューで設計品質を
高めるなど従来からの設計手法に加え、潜在不良を洗い出し、リスクに応じて
対策を講じるアセスメント手法の導入を図ることが有効であり、従来の実機に
よる評価や認定、検査だけでは顕在化しない不具合を洗い出すことが可能と
なります。

最後に、エンジニア間のコミュニケーションによる情報共有が大切であること
も付け加えておきます。
孤独な設計環境での思い込みによる設計は最も品質を低下させます。