2019年03月15日

過去トラブル事例を設計へ取り込む方法:リスクの予測&アセスメント設計手法

市場では、設計の信頼性・安全性が求められています。
それには客様目線で設計・製造を行い、市場のリスクを最小限に抑える
リスクアセスメント手法の導入は必須となっています。

設計品質を確保するのに重要な過去トラブルの有効利用について考えます。


 ★実例で習得するFMEA・設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

1.過去トラフィードバック上の問題点
どの会社でも過去トラブルのデータを収集して有効利用しようと考えています。
しかしながら、
 ・「過去トラ」を登録・管理するための仕組みが不明確
 ・「過去トラ」の件数は増加し続けている
 ・「過去トラ」の登録内容はメンテナンスされていない
などの管理上の問題が見られます。

また、それを利用する設計者側の問題として
 ・「過去トラ」の利用方法は開発現場任せになっている
 ・利用される「過去トラ」は身近なものに限られる
 ・「過去トラ」が利用されないこともある
 ・「過去トラ」の利用効果を確認していない
 ・「過去トラ」の利用効果がフィードバックされるのはその部署のみ
などにより、過去トラの利用方法にも問題が有ります。

但し、これらは設計者個人の問題と言うよりも開発設計部門の仕組みとして、
それぞれの企業の事情に応じた過去トラ利用システムを構築する必要があります。
 ・「過去トラ」の情報共有の場を構築する
 ・蓄積した「過去トラ」を適切に分類し、体系化する
 ・効果を客観的に判断するため、活用状況や品質を定量化し計測する
 ・増え続ける「過去トラ」の改廃や再発したときの既存情報へのフィード
  バックなど、情報の新鮮さを維持する仕組みの構築
など、一朝一夕では難しい課題を、少しずつ解決しながら積み上げていく必要
があります。

さあ、皆さんの開発部門ではどのように過去トラを活用しているでしょうか?
各設計者の頭の中にあるので、それを聞き出して設計しているという会社も
多いのではないでしょうか?

2.過去トラの宝庫、大部屋設計フロアー
私の設計していた頃の事例はあまり参考にならないと思いますが、1980年代
から1990年代にかけて設計していた頃、設計室というか、仕切りもない設計
フロアーには何百人という設計者が、日夜設計を行っていました。

ベテランから新人まで、機構設計、電子回路設計、ファームウエア設計など
あらゆる設計を行っており、何か分からない事があると、あの人なら以前
このような製品でこのような機能を実現しているので、効くと言いよ!と
教えられ、先輩に紹介してもらって聞きに行ったものです。

そして、その人は聞かれたこと以上に親切にいろいろ教えてくれるのです。
過去トラのデータベースがなくとも、先輩から教えてもらうという、風土
があったのです。

(続く)


posted by k_hamada at 20:46| ★リスク対応と信頼性設計の進め方 | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!