2019年03月15日

製品設計・工程設計ミス未然防止とお客様目線:リスクの予測&アセスメント設計手法

市場では、設計の信頼性・安全性が求められています。
それには客様目線で設計・製造を行い、市場のリスクを最小限に抑える
リスクアセスメント手法の導入は必須となっています。

ものづくりを行う上で、作業ミスや作業漏れが無いようにQC工程図や作業
指示書を設計しますね。また製品設計でも、この部品が壊れないように、
またすぐ外れないように細心の注意払って構造設計します。


 ★実例で習得するFMEA・設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

でも、何事も完ぺきな事は出来ないので、どうしてもミスや漏れが出てし
まいます。ではどうやって「未然防止」対策を行えばいいか?

そのキーワードは「お客様目線」です。

お客様目線1.jpg


このお客様目線で設計する考え方は、最近注目を集めている「リスクアセス
メント」や「FMEA」の基本的な考え方なのです。


つまり「お客様が使った時に事故や故障が起きないだろうか?」「もし起こった
らどのような影響を与えるだろうか?けがをしないだろうか?」と考えるのです。

でも普通の設計の考え方はどうでしょうか?
不良を出すと、納期が遅れる、損害が出る、上司に叱られる、だからミスをしな
いように注意して設計しよう。こんな自己本位、自己防衛的な設計作業になりがち
ですね。

また、
 ・これは実績のある(?)設計の部品だから問題ないと先輩が言っている
 ・安く作るためにはこの方法しかない
 ・いままでこの方法の設計で問題は発生していない
 ・以前発生した不具合はすべて対策済みだから問題ないはずだ

など、できるだけ過去に実績のある設計方法を採用しようとしますが、これが往々
にして失敗のもととなります。

そこで、「もしミスをしたらどうなるか?」と発想転換をします。

一応、この部品の構造上、強度は問題ない設計を行ったが、でも「万が一この
部品が壊れたら、お客様にどういう影響を与えるだろうか?」と考えるのです。

特に構造設計に於いて、「部品の強度は十分のはずだ」ではなく、この部品は
「使用時に繰り返し応力はどれくらい掛かるだろうか?疲労破壊することは
ないだろうか?」と考えるのです。

製造工程も同じです。
もし、この工程で間違った部品を組み込んだまま、見つからずに納入し、
お客様が使ったら、お客様にどういう影響を与えるだろうか?」と考えます。

この「影響度」と「発生頻度」を予測して、この設計で問題ないかを数値化
して検証評価するのが「リスクアセスメント」であり「FMEA」なのです。

しかし、たとえ、「リスクアセスメント」や「FMEA」を導入していな企業で
あっても、この「お客様目線」の考え方は非常に重要ですね。

この部品がもし、壊れたら、重要な機能が失われる⇒壊れるとしたらどのよう
に壊れるだろうか⇒部品に繰り返しの衝撃はどれくらい想定されるだろうか
⇒どれくらいの頻度で壊れるだろうか⇒では構造シミュレーションを行って
確認しよう・・・

設計時点で、このような発想が必要になりますが、それがないまま設計した
製品に対してFMEAを行おうとしても、すべての部品の評価はできません。

FMEAを導入するのであれば、この「お客様目線の設計」がされていることが
前提となります。「FMEA」は単なる評価検証手段でしかありません。

手法を導入するに当たって考えなければならないのは、
 ・それを何処で使うのか?
 ・使う目的は何か?
 ・メリット・デメリットはなにか?
をよく考えて選択することです。


posted by k_hamada at 23:28| ★リスク対応と信頼性設計の進め方 | 更新情報をチェックする
 ★無料書式フォーマット
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアル

 ★無料ネット相談
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
9月27日(金)大阪市産業創造館
(計画中)
(計画中)
(計画中)
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG