2018年07月07日

DRBFMは「デザイン・レビュー」のツールか?FMEA(DRBFM)/FTA/解析事例、実施手順

DRBFM(Design Review Based on Failure Mode)は、FMEAであることを
忘れてはいけません。
変更点、変化点に着目したデザインレビュー・ツールとしてとして、トヨタ
グループで採用されていますが、「デザイン・レビュー」があまりに強調され
過ぎ、本来の目的から離れてしまう危険性をはらんでいます。


 ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

  表紙.jpg



DRBFMは変更点だけに着目すれば良いと言っても、製品としての信頼性を
失ってはならないというのは、基本原則です。DRBFMは信頼性設計ツール
としての「FMEA」の位置づけは何ら変わりません

一般的な解説では、DRBFMの目的は、設計のほとんどが、従来設計を一部
アレンジして行われていることに着目し、「変更点」と「変化点」「新規点」
に注視し、「なぜ、そのような設計をしたのか」について徹底して議論する
とあります。

つまり、デザインレビュー(DR)のツールとしてFMEAを位置付けています。

FMEAの結果をデザインレビューでレビューすることは構いませんが、DRBFM
フォーマットはネット上から取得できますが、これを見るとFMEAの目的を
見失ってしまう危険性があります。
トヨタDRBFM1.jpg
「心配事」とは何でしょうか?
「変更がもたらす機能の喪失、商品性の欠如」とはいったい何でしょうか?
これは、設計変更を行った際、検討不足や、二次的な障害(設計ミス)を防止
するための検討項目ですが、あくまでもFMEA(故障モード影響解析)に徹する
必要があります。

製品機能の喪失とは、一般的には、エンジンが掛からない、ブレーキが利かない
など不具合のトップ事象を意味しています。
トップ事象から原因を解析するのはFTAの仕事であり、FMEAでは扱いません

FMEAは「故障モード」を出発点としたボトムアップ解析のことを指します。
目的は、予期しない事故や故障を防止するためで、「故障モード」が原因と
なって発生する不具合事象を洗い出すためのツールです。

故障モードは、故障の引き金となる、部品や材料の破壊や劣化(構造破壊)を
指します。この構造破壊が引金となって、様々な故障を引き起こします。

ここでは、FMEAの手順の説明はしませんが、故障モードを起点として、故障を
すべて洗い出すことが重要なポイントです。

部品の故障モード(構造の破壊)→ 製品の故障(例;モータの停止)→ 事故発生

変更点の心配事をリストアップして、関係者でレビューすることは大切なこと
です。しかし、解析手法としてFTAを使うのか?FMEAを使うのかは、その
変更点の内容や、過去に発生した問題を参考にして決めます。

一義的にFMEAを実施しなければならない訳ではありません。その状況に適した
最も適当と思われる手法を使い分けることが重要です。

もし仮に正しく「DRBFM」を実施するなら
 ①すでに完成品として十分に信頼性設計がなされている
 ②この完成品に対し、顧客仕様に合わせ設計変更を実施する
 ③設計変更で、新しい部品を採用した
 ④新しい部品の故障モードをリストアップする(摩耗、破損、さび、変形)
   例:新しく採用した部品の物性から注油を怠ると摩耗は速くなり破損する
 ⑤この故障モードから、製品の故障・事故を類推する
  例:部品の破損により、動力の伝達ができなくなり機械の動作が停止する
 ⑥故障事故の影響度、発生確率、検知度を評価する
  例:動作が停止すると、機械のメインの機能が失われ、使用者に重大な
    影響を与える。
 ⑦リスク評価で、重大事故につながるかどうかでその部品に対して対策を打つ
となります。

これならば正しいFMEAを実施したことになります。
故障モード、ボトムアップ解析について、理解を深めることが重要です。
また、様々な間違った、または曖昧な情報に惑わされない事です。


一般的に、設計プロセスの「どの段階で何をすべきか」を明確に示していない
ために、FMEA実施段階になって、そこで初めて設計検討不足を指摘する
ことになります。それでは手戻りが多く開発期間の遅れ、設計ミスの誘発を
招きかねません。

当研究所では、設計段階でセルフFMEAの実施により、信頼性・安全性の確認
を実施し、その結果を持ってFMEAレビューの実施を行う手順を推奨しています。
更に、電子回路や、電子ユニット、購入機器、ソフト組込み機器を対象にした
FMEA手法を確立しています。

この方法によって、僅かの項目を対象としたレビューを実施するだけで済むため
設計期間も大幅短縮が可能となります。

手法は「その道具を選んで使う」だけでは役に立ちません。
道具の目的、使い方、効果を正しく理解すると同時に、どの時点でどの道具を
どんな目的でに使うのかを判断しなければいけません。
スライド63.JPG

当研究所主催のセミナーのご案内
(お申し込みフォーム)

posted by k_hamada at 00:00| ★FMEA・DRBFM/FTAと市場リスク回避 | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!