2018年04月20日

製造業の品質問題再発防止対策事例集:製造現場の品質改善マニュアルシリーズ

実際に工場で発生した品質問題をどのように解決するのか?再発防止策とは
どのような観点で対策すればいいのか?10種類の事例問題についてその
   (全19シリーズ目次)

製造業の品質問題再発防止対策事例集

 (PDF電子データ版:税込2000円)
 お求めはクレジットカード(海外可)または銀行振り込みで! <お申込みフォーム

手法を使いこなす3つの提案
「なぜそうするのか?」本質を理解すれば実務にすぐ応用できます。
 ①目的を理解する
 ②手順・フォーマットの提案
 ③事例に当てはめ使い方を解説

製造工程品質トラブル解決事例集1124.jpg

   目次
はじめに
工程内の不良やクレーム対策で、「真の原因」とは何か?

正確に定義できる人は何人いるでしょうか。
「原因」には2種類あります。
一つは直接の原因で、「作業ミスで加工漏れが発生した」「機械の不良で、加工
寸法が、規格外になった」などで、これらの原因は、「作業者のポカミス」「機械の
部品が摩耗した」となります。しかしこれらは、「真の原因」とは言いません。

なぜなら「ポカミス」は、注意してもまた起きます。部品を交換しても時間が経てば
また摩耗するでしょう。
加工漏れも、規格外もなぜ起きたのか?の原因ではなくはなく、なぜ未然に防げ
なかったのか?の原因を探る必要があります。  
この原因を突き止め、対策することで、以後二度と同じ不良が発生しなくなるのです。

なぜ未然に防げなかったのか?の原因が「真の原因」なのです。

●日常管理と未然予防のしくみ
 ■ 目的は未然防止の仕組み作り
 ■ 不良の発生する要因、流出する要因
 ■ 不良が再発する要因
 ■ 不良原因解析2段階法とは
 ■ 工場の日常管理のしくみ
 ■ トラブルを防止する固有技術の蓄積

●原因解析と再発防止対策手順
 ■ 不良現解析2段階法の分類  
 ■ なぜなぜ分析法による解析の問題点

●ヒューマンエラー対策事例
  事例研究1(問題の放置)機械の不具合と検査の悪さで不良が慢性的に流出
  事例研究2(三現主義の放棄、手法の誤った使い方)組立作業ミスが流出する
  事例研究3(やり難い作業のミス)ピッキング作業ミスに対する間違った対策
  事例研究4(作業中断による工程飛ばし)組立品のネジの締め忘れクレーム
  事例研究5(設計ミスの起因で、熱処理工程条件の無断変更)

●不良対策事例
  事例研究6(部品加工寸法ばらつき)加工機械パラメータ制御系不良対策事例
  事例研究7(射出成型固有技術の問題)
  事例研究8(複数工程での異物付着)製造工程、設備系不良系不良対策事例
  事例研究9(機械故障による作業停止)
  事例研究10(半田ミヌレ)慢性不良対策事例

●クレーム対策書の作成方法

 お求めはクレジットカードまたは銀行振り込みで! <お申込みフォーム


【関連する記事】
posted by k_hamada at 04:58| ■品質管理の基本マニュアル | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!