2018年04月24日

4M管理と工場の管理ポイント:製造業の品質改善事例

4M管理は、特に多品種少量受注生産工場では、管理の重要ポイントとなっています。
工場を管理する目的は品質、コスト、納期について、厳しいお客様の要望に確実に応え
ること。そのためには、今までの4M(5M)管理のレベルを更にアップしていくことが
求められる。

 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を実習で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

6Mしくみ.jpg

5Mによる分類とは
 材料・部品(Material)
 設備・機械(Machine)
 作業者(Men)
 作業方法(Method)
 検査・測定(Measurement)
また、更にここに
 環境(Environment)
を加えて、5M+1Eとする分類が行われる場合もある。


工場の管理の目的は何か?
生産の要素である、5Mの管理項目を決め、トラブルが発生しないよう、最適
条件に設定しその状態を維持していくことにある。

①是正対策
ただ、完ぺきな管理は出来ないから、時々トラブルが発生する。そのトラブル
を確実に潰し、再発防止を図るための正しい「是正対策手法」を使ってしくみ
の不備・欠陥を確実に是正する必要がある。
これは、日常業務のなかで行う改善活動(小集団活動)のしくみに位置づけ
られる。

②異常管理
つぎに、トラブルに発展しないまでも、工程の異常または製品の異常を発見
し、トラブルを防止する異常の検出と対策を講ずる必要がある。
これは、日常管理のしくみの中に位置づけられる。異常の例としては
 ・作業上のルール違反が見つかった
 ・作業方法や、規格上で曖昧な部分が見つかった
 ・作業上やり難い工程が見つかった
 ・ポカミスが見つかった
 ・加工寸法が管理幅を逸脱した
など、異常の定義と処置方法を日常管理ルールで明確に決めておく。

③予防管理
そして、工程や作業をを乱す様々な要因が発生しても、正しい工程、正しい
作業が行われる、あるいは、正しい作業が行われなかった場合に工程がstop
するしくみ、アラームが発生するしくみ、工程の信頼性設計を行う。
信頼性設計の結果に漏れが無いかどうかは工程FMEAによって評価される。

④4M(5M)管理
最後に、4M(5M)の管理項目を決め、要求品質、価格、納期を保証する
工程の機能設計を実施し、設計のアウトプットとしてQC工程表が作成される。

⑤未然防止のしくみとは
以上説明した
 ・是正対策(改善活動)
 ・異常管理(日常管理)
 ・予防管理(工程の信頼性設計)
 ・4M(5M)管理(工程の機能設計)

この4つの管理を体系的に手順化されたものが「未然防止のしくみ」であり
6つ目のMであるManagementを指している。

少し難解な解説となったが、詳しくはセミナーあるいは解説書で詳細に
説明する予定。



 ★無料サービス

7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG