2019年09月30日

工場の日常管理の基本7つのチェックポイントとは?製造業の事例解説・改善の進め方

日本の多くの中小製造業は、「多品種少量、受注加工生産型企業」です。
またほとんどの企業は,ISO9000に基づいた品質管理体制が一応整備されている
と考えられます。
しかし、品質管理の考え方は、大量生産時代に欧米から学んだTQMを基本とする
「古典的品質管理」がベースとなっています。

つまり、「モノづくり工程のカイゼン」が主体の品質管理であり、「情報の品質
人・組織の品質管理」はあまり考慮されていません。
そして最も重要な「問題を未然に防止する」ためのしくみが欠落しているのです。




eyecatch89[1].jpg

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

受注加工型生産工場では毎日の仕事が忙しく、人出も不足している中で、
・作業ミスが多い
・大事な情報が伝わらない、または遅い
・問題が放置されたままになっている
など多くの悩みを抱えていると思います。

結果として、顧客クレームが減らない、再発するなど対策が後手後手に回る
悪循環に陥っています。
大量生産時代と異なり、情報の流れが良くないとモノの流れも悪くなり不良
も多く発生します。問題を速やかに解決するには問題の因果関係を論理的に
解析し、一つ一つ潰していく必要があります。
そして、そのようなことが日常業務の中で実施できる能力を持つ人材を早期に
育成する必要があるのです。

以上を踏まえて、工場の日常業務の中で行う「品質管理の7つの基本」をチェック
してみましょう。

★基本ルールを守るチェックポイント
4M変動の激しい工程において、一定の品質を確保するためには、検査工程を
置くことが効果的だ。
検査では、製品を検査するというよりも、指示通りに作業しているかどうかが
重要なポイントとなる。不良流出を抑え、顧客満足度を維持しながら、費用を
最小限に抑えるために「検査方式の設計」が重要な位置を占めることになる。

検査工程設置のポイントは
●受け入れ検査;製品の規格に留まらず、数量や梱包方法、納期についても指示
通り守っているかを検査する

●工程内検査;指示通りの作業方法、手順、正しく工具類や治具を使用して
いるか?作業者は、訓練を受けた正規の作業者かどうかなどを検査する

●最終出荷検査;決められたルールで作られた製品が顧客要求通りの品質特性
有しているかどうか?目視、測定、動作テストなどで検査する

検査の役割は
 ・顧客側の立場で検査し、不良流出ゼロ、クレームゼロに抑えること
 ・工程ストップ、出荷停止権限を持つこと
 ・問題点を即、工程にフィードバックすること
である。そのためには、検査のスキルを持った人材の育成も欠かせない。

★管理者から報連相(ホウレンソウ)を徹底する
「ホウレンソウ」がうまくいかないのは、組織、階層、個人の役割が不明確の
まま仕事をしているからである。報告しようにも、相談しようにも、一体誰に
したらいいのか分からなければいくら「ホウレンソウの徹底」を唱えてもうまく
いかない事になる。
ホウレンソウを正しく実践するには
 ①各組織別の業務の役割が明確になっていること
 ②部長、課長など各階層別の業務、検眼が明確になっていること
 ③各個人の業務内容(何を・いつまでに)が明確になっていること
部下に言う前に、むしろ上司からホウレンソウを徹底すべきであり、役割を
明確にするために、組織構成の見直しも行っていく必要がある

★「異常」の見える化を進める
見える化の目的は、問題を解決するために、「異常」「潜在不良」を見える
ようにして、早期に手を打てるようにする事にある。つまり「未然防止」の
ためのしくみの一つである。
忘れてはならないのは見える化は手段であり、目的は「みんなの知恵を集めて
問題を解決する」点にある。

★5Sの目的達成のステップを考える
5Sが定着しない理由の1つが目的が不明確になっていることがあげられる。
工場がきれいになった、仕事がやり易くなった、お客様にほめて頂いたなど
もちろん無形の効果はあるが、経営効果として具体的に何を期待しているか
を明確にしなければならない。

経営効果が分からなければ、5Sを毎日行っている従業員は負担ばかりで、
利益に貢献しているのか、それが自分の業績にどう跳ね返ってくるのかも
わからない。そういう見方で5Sの効果を考えてみると
整理・・・不要なものを捨てる、仕掛在庫をなくすことによって資金の
     回転が良くなる。

整頓・・・モノを取り出しやすくする、工具を探す時間が短縮するなど
     生産性がアップする。

清掃・・・機械設備や治工具を清掃することで、故障を未然に発見でき
     チョコ停が減る。

など、それぞれ生産性の向上や、リードタイム短縮などに直結させる必要が
ある。

★三現主義(現場、現物、現実)を徹底させる
 ■現場:現場に足を運び、場の状況(人、機械、環境)を確認する。
 ■現物:現物を手に取り、物(材料、仕掛品、完成品)を確認する。
 ■現実:現実をデータや結果(稼働率、不良率、在庫数、不良数)を確認する。
作業ミスが時々発生する、製品に傷が付いた、不良率が高い・・・
これだけでは、三現主義を実践しているとは言えない。
何が、どうなった時に、そこに何が起こっているのか?事実の詳細を調べな
ければ、本当の原因は分からない。

三現主義を正しく実践するには条件がある。
その一つは、その道の「プロ」の目で見ることが必要!ということである。
経験、知識、洞察力のない「素人」では、複雑化した工場の現場や、しくみ
を正しく見ることはできない。
熟練者のいない、素人集団化した工場では、一向に不良の因果関係が正しく
解明されず、再発防止策は講じられない。

★ヒューマンエラー原因のチェックポイントを決める
大量生産時代の工場では、大勢のワーカーが製造ラインで流れ作業を行う
生産体制が敷かれ、そのなかで、いかにポカミスを無くすかに注目が集まっ
ていた。そのために、様々なポカヨケ対策が工夫され、日々改善されていった。

しかし、現在では多品種少量生産、非正規労働者の増加、海外生産や外注
による委託生産など、ものづくりに関わる業務は複雑かつ多様化しており
企業組織の背景に潜む管理的な要因に着目する必要が生じている。
①間接業務の増加により、モノを主体としたポカミスから情報を主体とした
 ポカミスへの対応が求められている。

②仕組みや体制の整備遅れ、管理がおろそかになり、作業現場では指示違反
 手抜きなどが横行するようになった。

③また、管理層の現場軽視のなかで問題が放置されたままとなって、やむを
 得ず、違反作業を行っている。

④多品種少量生産工程では、ポカミス防止治具、装置製作など、きめ細かい
 対応が困難となっている。

このような状況下で、効果的なヒューマンエラー対策を実施していくため
には、しくみ、ルールを主体とした対策を講じて行く必要がある。 
 ・情報の加工や伝達方法・ルート
 ・管理層も含めた人の教育方法
 ・ルールを守る組織風土の醸成
 ・業務の見える化

★小集団による日常の改善活動を進める
多くの工場では、忙しい状態が常態化しているにも関わらず、生産性は頭打ち
一人当たり売上高は伸び悩んでいる。そんな中で、日常業務とは別に、改善
テーマを設定して、QCストーリー作りに専念する小集団活動にどんな効果が
期待できるだろうか?

日常発生するほとんどの問題は、解決までに試行錯誤を繰り返しながら、様々
な方法で試してみるなど、泥臭い方法で一つ一つ解決していく。
また毎日の業務の中で、「異常」や「潜在する不良」を見つけたらすぐに解決
に向けて取り組むのが正しい改善活動のやり方だ。

一体企業は、QCサークルに何を期待しているだろうか?
学習のためのサークル活動、発表のためのサークル活動から、本当の意味で
日常の業務を改善するサークルへ活動のあり方をへ変えなければ、企業に
とっても百害あって一利なしだ。

活動の目的を発表のための活動ではなく、問題を放置させない活動に持って
いく事、そのことによって、小集団として、本当の意味の問題解決力が養わ
れるのだ。また、小集団では解決が難しい問題も、管理層や工場のトップが
フォローし工場全体の問題として取り上げ、放置されることなく解決を図って
いく仕組み作りも重要なポイント。


posted by k_hamada at 06:07| ★品質管理の基本と日常業務 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアルを多数準備しました。

 ★無料:ネット相談フォーム
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年度 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
  ・電子機器開発における信頼性設計のポイント
  ・機構部品・ユニット開発における信頼性設計のポイント
  ・FMEA(DRBFM)/FTAの重要ポイント12
◆2020年3月27日(金)
東京北区北とぴあ

◆2020年4月以降 
愛知県産業労働センター

  ・ヒューマンエラーの科学的分析
  ・全数検査の見逃しをゼロにする
  ・画像検査装置等IT技術導入時の注意点
◆2020年1月23日(木)
 太田市新田文化会館

◆2020年1月31日(金)
大阪市産業創造館

◆2020年2月21日(金)
東京北区北とぴあ

 小ロット受注生産工場の生産性向上
  ・リードタイム短縮手法
  ・在庫削減手法
  ・不良ゼロ実現手法
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
FMEA_FTA実施手順表紙1.jpg 全数検査.jpg