2017年12月18日

海外から本当に安く調達できるのか?:工場の原価低減対策事例

製造原価高騰により、海外で部品を調達し、原価コストを下げるということが
どんな部品も検討されています。
理論上は正しい動きだとは思うのですが、部品の質が悪くトラブルが絶えず
海外調達はリスクが大きく、メリットが無いと結論づけられてしまうことも
あります。

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
   ・セミナー・プログラム(東京・群馬)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・新製品立上げと協力工場生産委託マニュアル
   ・工場長の業務改革プロジェクト活動マニュル
   ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル 
   ・多品種少量生産工場のトヨタ式生産管理マニュアル
 ★無料サービス
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座
   ・無料ネット相談

ただやはり安く仕入れることができる部品もあるのも現実で、企業の海外
調達の動きは無くなることはありません。

そこで調達担当者は先入観を排し、血眼になって、安くても高品質の部品を
短納期で調達しようと努力します。

確かに一般的に、品質や工場の管理力には日本と新興国では差があることは
事実で、しかも安い労働力に頼った工場の製品は、継続的に安定した品質を
確保することは望めません。
つまり生産工程で不良を作らない仕組みを確立させるか、日本人スタッフを
現地に派遣して出荷前検査で不良を出荷しないようにするか、どちらを取る
かと言うと、生産工程で不良を作らない仕組みを確立している工場であり、
必然的に高賃金のスタッフで管理されていることになります。
しかし、逆に賃金水準の高さが技術,品質の優位へ,さらにコスト競争力の
優位へと繋がる面もあると考えられます。

そこで、改めて海外に調達先を求める理由を考えてみます。
 ①ただ低コストだけを求めて海外から調達する
 ②望む価格、望む品質のものをグローバルで調達する

もし②であるなら、調達担当者にとって、調達先の選定は、そのように面倒
くさくて効率の悪い仕事が待っています。優れた調達先は、探す努力をしない
と見つかりません。小規模で知名度は無いがしっかりした優れたサプライヤー
を探し出すのは調達担当者の仕事です。

多くの企業がグローバル調達に立ち向かうのは、それを持ってしても有り余る
ほどのメリットがあると、前向きに考えているからなのではないでしょうか。


2019年 セミナー開催予定表 <こちらから
 2019年1月30日(水)東京北区王子 北とぴあ
  中小製造業で使えるFMEA実践コース<事例・演習付き>

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!