2018年07月02日

熟練技能の継承手順、訓練の進め方:製造業の人材育成・多能工化の進め方事例

中小企業では、定年退職になる職人が多く、新人にその技能を引き継ぐのですが
引き継ぎ完了したはずが、思い通りの製品が出来ずに、不良も多発しているので
どうしたらいいか悩んでいる企業も多いと思います。

IMG_2357.JPG

 4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル「目次」
 新QCサークル(小集団)活動マニュアル「目次」

  ★セミナー情報
    東京・群馬開催スケジュール

  ★無料サービス
    工場長の業務改善計画書作成手順マニュアル
    多能工化育成手順マニュアル


原因を追究すると、先人から引き継いだマニュアルを守っておらず、感覚や
思い込みで作業してしまう傾向にあり、そう思っていたとか、そうだと思った
とかに行きつきます。

熟練者の技能は、なかなか口では表せられない暗黙知的なものが多く実際に
体験しながら身に付けて行かなければなりません。
そこで、作業の「引継ぎ」の問題、「マニュアル」の問題の2つに分けて考えて
みたいと思います。

1.引継ぎの問題について
先人は、長年にわたって失敗を繰り返しながら今に至ったのであって、一通り
の引継ぎが完了したからと言って、すぐに先人と同じように作業ができるように
なるとは限りません。この場合、段階的なOJT実施計画に基づいて、作業を教え
実際に作業をさせて、結果を評価することを繰り返しながら、自立して作業が
できるかどうかを見極める必要があります。

特にどの作業で、どんなミスを犯しやすいのかを良く観察し、正しい作業が
できるまで集中的に繰り返し教える必要があります。その場合重要なことは
こうせよ(HOW TO)」よりも「なぜそうするのか(KNOW WHY)」を理解
させることです。

2.マニュアルの問題について
マニュルをなぜ守らないのか、なぜ見ないのかを考えてみる必要があるように
思います。
マニュアルが、見づらいのか、内容が分かりづらいのか、またマニュアル通り
作業してもうまくいかないのかなど、作業者の意見を聞きながら、見直すべき
ところは見直すことが必要です。

特に、なかなか文章では表せられない暗黙知的な技能については、それぞれ勝手
な感覚や思い込みで作業しがちです。そこで熟練者がマニュアルを作成するのでは
なく、むしろ作業を熟知していないが、物事を科学的に分析できる能力を持った
第三者によって、熟練者の意図をくみ取りながら作成し、その内容で実際に作業し
検証を行います。

また、熟練者の作業をビデオ撮影し、熟練者と一緒にそれを見ながら共同でマニュ
アルを作成、実際に作業を実施し、突合せを行う方法も有効と思われます。

一般的に、現場では、マニュアルを見ながら作業を行うことはありません。
マニュアルの内容、手順は事前教育によって頭の中に入っていなければならず
そうでない場合は生産性は低下し、ミスも誘発します。もしどうしても、現場に
貼りつける必要がある場合は、簡単な手順フローや、注意事項を箇条書きにす
るなど、見やすいものに限定します。


2019年 セミナー開催予定表
 2019年1月30日(水)東京北区王子 北とぴあ
  中小製造業で使えるFMEA実践コース<事例・演習付き>

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!