2018年07月07日

FMEAとリスクアセスメントの組み合わせ解析:FMEA(DRBFM)/FTA/解析事例、実施手順

不良を発生させない為に、様々な予防策を実行しています。しかし、予算面
技術面ですぐに実行できない場面が出てきます。
それでも知恵を絞るのですが、なかなか思うように行きませんね。
予算面、技術面で負担が軽い流出予防策を講ずるには、どのような考え方で
望んだらいいでしょうか。


 ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

  表紙.jpg



 ★実例で習得するFMEA/DRBFM、FTAセミナー
   お申し込みは下段フォーマットより


市場でのトラブルを回避するための予防策を講じる場合、例えば工程FMEAでは
その影響度と発生頻度、工程での検出度を定量的に評価し、対策の内容を決定
します。

一方、リスク=発生頻度×影響度とする概念を用いるのがリスクアセスメント
です。リスクアセスメントの目的は、最適信頼度を求め対策することです。
つまり、リスクの大きさに応じて対策の内容を決定します。発生頻度が極めて
低くても、社会的損失が大きい場合はリスク大とみなします。
(例:原発事故、航空機の墜落事故など)

最適信頼度は、信頼性コストと損失コストのバランスした点と定義され、
製品コストや、工程の対策費用が過剰になるのを防止することができます。
リスクの程度はA,B,Cランクに分類します。

Aランク
 市場に出ている場合はリコールの対象、開発段階にある場合はリスクを
 軽減させる対策を行い、対策が困難な場合は商品化を断念します。
Bランク
 効用と危険の度合い、コストを含めリスクを最小となるよう対策します。
 例えば注意シールを貼る作業手順書にに記載する、ポカヨケを設けるなど
 です。
Cランク
 無視できるリスク領域。

以上のように、FMEAとリスクアセスメントを組み合わせることによって、
最適信頼度を求める事ができるとした理論と実施手順を推奨します。

予算面、技術面で負担が軽い流出予防策については、トヨタ生産方式の簡便
自働化(LCIA:Low Cost Intelligent Automation)の考え方が大いに
参考になります。費用を掛けずに、作業者にとって簡単、シンプル、便利な
機構で、自社のノウハウ・工夫を取り入れた設備をラインに組み込むことを
目標とします。狙いとして
・異常を即検知しアラーム、又は止まること
・早く具体化し実現できる事
・安価でシンプルな構造であること
・専門知識がなくても具体化できる事
・自社独自開発を基本とし、社内で変更、メンテナンスができること

いづれにしても、製品の使われ方や顧客要求の程度、また市場データの収集
によるクレームの分析に基づき、顧客視点での対策が求められていると考え
られます。

セミナーは各地開催中! お申し込みは下記フォーマットより



posted by k_hamada at 00:00| ★FMEA・DRBFM/FTAと市場リスク回避 | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!