2018年05月05日

IOTの目的と狙いを理解する:製造業の事例解説・改善の進め方

IoTとは「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳します。
パソコンなどの情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットに
つながることで、生活やビジネスが飛躍的に変化すると言われています。


IOT.jpg


ただ、IOTに関する様々な情報が飛び交い混乱しているのも事実です。
IoTについて基本や本質を理解せず、情報を得ようとしても増々惑わされて
しまうため、まず基本をじっくりと学習し、理解することが必要です。

まず、IOTでは「ありとあらゆるモノ」がインターネットにつながることと
言われています。しかし、家電製品などは、すでにインターネットでつながっ
て、スマホからコントロールすることも可能になっています。
ただ、IOTは、ただ繋がるだけでは何の意味もありません。

IoTシステムにおいては、以下の機能が基本的な流れとなっています。
① 「検知機能」でモノから情報を取得する
② インターネットを経由して「コンピュータ」にデータを蓄積する
③ 蓄積されたデータを分析する。
 ビッグデータを解析するには「人工知能」が使われる
④ 分析結果に応じてヒトや企業に有益な情報や付加価値を提供する

つまりIoTとは、ただ単にモノがインターネットにつながることではなく
モノから情報を取得し、それを利用して、どういう問題を解決するのか? 
誰の課題を解決するのか?までを考えることなのです。

企業で何かしらのIoTを活用した取り組みを行ったとしても、圧倒的なコスト
削減や生産性向上が追究できなければ意味がありません。
多品種少量生産工場で、人出が不足する、生産効率が上がらないなど、これまで
課題だった問題が解決し、飛躍的に生産性や品質が向上したり、コストダウン
に繋がったりする方法を考えなければならないのです。

このようにIOT導入の目的を良く見極め、自社の取り組みを行っていくことが
重要となります。



  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!