ソフト組み込みユニット(電子機器)のFMEA解析法

電気自動車をはじめ、電子化されたユニットのFMEA解析はどうするのか?
簡易評価法では、電機・電子制御(ソフトウエア組込み)ユニットを対象とした
FMEAの進め方、実施事例を提案しています。


 ★実例で習得するFMEA/設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス




前回のシリーズ(1)で解説した通り、ソフト組み込みユニットの
故障モードは、システムの構造破壊と定義しました。

2回目の今回の解説では、「システムの構造」について解説します。
「システムの構造」とは、いったい何を指すでしょうか?
まずシステムの概念ですが、下図の構成となります。

システム.jpg
設計であれ、製造であれ、何らかの仕事を行う場合には、情報やモノがインプット
されると、それを判断し、適切な処理を行って、結果をアウトプットします。
製品はこのIN ⇒ 処理 ⇒ OUT の連続したプロセスのつながりで機能を発揮して
おり、これををシステムと呼びます。

そこで、FMEAを実施する対象として、SEM:States Event Matrix(状態遷移
マトリクス)をシステム構造として扱います。

SEMは、下図の通り、縦軸はイベント(入力)、横軸はステータス(状態)
を示し、イベント発生毎に、ステータスがどう変化するかを漏れなく示して
います。

SEM.jpg
次に、故障モードの定義ですが、機構部品の場合は、物理的な破壊、劣化と定義
しました。例えば、破損、錆び、材料の化学変化などです。

では、システムでは、破壊モードをどのように定義したらいいでしょうか?
個の故障モードの正しい定義こそ、電子ユニットのFMEAが正しく効果的に
実施できるかどうかが掛かっているのです。
(続く)