2018年05月05日

キーワード解説:IOTの品質管理への応用事例

キーワード解説:IOTの品質管理への応用事例

【解説】
IoTとは「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳します。
パソコンなどの情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットに
つながることで、生活やビジネスが飛躍的に変化すると言われています。

ものづくり現場で生み出されるデータは宝の山であり、そこから収集される
膨大なデータと、AIを使った様々な活用事例が紹介されていますが、現状は学習
機能付きの作業ロボットや、製品の検品システムなど、ある業務に限った形での
導入に留まっています。

IOT導入は目的ではなく、業務改革の手段(ツール)として必要に応じて検討
を行う必要があります。IOT化に当たって当然のことながら
 ・ツールや機器を工場内に導入するエンジニアの存在
 ・データ解析を通じて付加価値づけを行う人材
が不可欠です。

中小企業では、まず身の丈にあった目標を設定するのが成功の秘訣です。
IoTには大きな期待が寄せられていますが、必ずしも「AI」が不可欠だとは限り
ません。多くの中小企業では、スモールデータでも十分な場合が多いのではない
でしょうか。

【キーワード】
 ★生産現場のIOTの4つの機能【
 ★IOTによる標準化・マニュアル化【
 ★現場にいるヒトのIOT武装化【
 ★中小企業のIOT導入・活用事例【
 ★IOTの目的【
 ★IOT導入のステップ【
 ★HMDの活用【】【



  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!