2018年04月20日

若手・中堅社員の「プロ人材」育成マニュアル:製造業の現場の中核人材育成

若手・中堅社員の「プロ人材」育成マニュアル
製造業品質改善を推進する中核人材育成の考え方・手法・事例解説
若手人材育成、品質向上のためのQCサークル活動を活性化する
製造業クレーム対策・是正処置・水平展開・再発防止・流出防止対策 ヒューマンエラー予防
工場の現場の4M管理・品質検査・多能工教育・DRBFM・未然予防・リスク対策
   (全19シリーズ目次)


若手・中堅社員の「プロ人材」育成マニュアル
 階層別(新人・職場リーダー・管理層)の教育訓練

 (PDF電子データ版:税込1500円)

 お求めはクレジットカード(海外可)または銀行振り込みで! <お申込みフォーム

手法を使いこなす3つの提案
「なぜそうするのか?」本質を理解すれば実務にすぐ応用できます。
 ①目的を理解する
 ②手順・フォーマットの提案
 ③事例に当てはめ使い方を解説

若手中堅社員のプロ人材育成マニュアル0104.jpg

   目次
はじめに
人材育成は 5つのステップで着実に進めます。
中小企業にとって、人材は最も重要な経営資源です。
その人材を効果的に活用することは企業の発展に大きく影響します。

ステップ1.求める人材像を明確にする
 1.1 経営者の経営理念、経営方針・目標を明確にする
 1.2 経営目標を達成するために必要な人材像を描く
 1.3 具体的なスキル、能力を定量化する
 1.4 現状の人材とのギャップを測定する
 1.5 スキルマップの作成

ステップ2.教育ニーズの把握と教育計画
 2.1 ギャップを埋めるために必要な教育ニーズを把握する
 2.2 ニーズに基づく教育計画の立案
 2.3 教育実施部門の決定

ステップ3.教育の具体的実施方法
 3.1 OJTと職場内教育
 3.2 現場リーダーの教育
 3.3 多能工化教育
 3.4 新人教育
 3.5 熟練技能の教育
 3.6 管理層教育
 3.7 パート、中高年社員教育

ステップ4.教育効果の確認
 4.1 評価・認定
 4.2 信賞必罰
 4.3 人事制度との連携 

ステップ5.教育マニュアルの作成
 5.1 仕事の基本マニュアル
 5.2 業務改善活動マニュアル
 5.3 品質管理の基本マニュアル
 5.4 問題解決手法マニュアル
 5.5 マネジメントマニュアル

 (PDF電子データ版:税込1500円)
 お求めはクレジットカードまたは銀行振り込みで! <お申込みフォーム

posted by k_hamada at 12:00| ■品質管理の基本マニュアル | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   9月:セミナー予定

FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター