2018年04月25日

キーワード解説:ヒューマンエラー要因分類と対策の進め方・事例

【ヒューマンエラー・キーワード解説】
 ★ヒューマンエラー 4つの要因【】【 ★「異常」の検出【
 ★ヒューマンエラーの再発防止策【
 ★オフィス業務のヒューマンエラー対策【
 ★準備作業、間接作業のヒューマンエラー対策【
 ★ヒューマンエラーをゼロにする7つのアプローチ【】【】【】【】【】【
 ★ヒューマンエラー(ポカミス)対策とリスク評価【】【】【
 ★ヒューマンエラー(ポカミス)対策のうまくいかない理由【
 ★ヒューマンエラー(ポカミス)未然防止対策【
 ★IOT活用によるヒューマンエラー対策【 ★自工程完結【
 ★自主検査【 ★指差し呼称【 ★ヒヤリハット【】【
 ★ハインリッヒの法則【


キーワード解説:ヒューマンエラー対策の進め方

ヒューマンエラーの対策は、かつては直接の加工作業や組立など繰り返し作業中
のミスが主な対象でした。 そこでは、人の認知、判断、行動に伴うミスに注目し
できるだけミスを 引き起こさないようにする「ポカヨケ」対策が主体となって
いました。

つまり、個別の案件ごとに製造工程の「カイゼン」によって対策されてきました。
しかし、小量の受注で多品種化された工場のヒューマンエラーは、いままで の
「ポカヨケ」の考え方では対応が難しくなってきました。

このような状況下、何をポイントに管理すればヒューマンエラーは発生しなく
なるでしょうか?

ヒューマンエラーを防ぐ決定打として今後注目されているのは「ヒトのIOT武装」
です。要するに人間の能力をAIを使って高めようとする考え方です。 ただ、
やはり基本となるのは、一人一人が、一つ一つの作業(業務)に対して、自らが
責任を持ち、後工程や、影響を受ける他の部署、最終的にはお客様に対してどの
ような影響を及ぼすのかを考えること。 その考えに基づいた自主検査、指差し
声出し確認を行ってミスのない作業を行うことを心掛けることではないでしょうか?

【関連する記事】
7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG