2018年04月25日

製造業 ヒューマンエラー対策の進め方トップページ(第1章~第5章目次)

製造業の現場ですぐ役立つヒューマンエラー対策の進め方について
体系化された管理手法、ノウハウなど圧倒的な情報量で解説します。
 第1章 ヒューマンエラーはうっかりミスか?
 第2章 ヒューマンエラーの実態をどう捉えるのか?
 第3章 ヒューマンエラーが発生したらどうするか?
 第4章 ヒューマンエラーの予防策
 第5章 不良率管理からリスク管理へ

第1章 ヒューマンエラーはうっかりミスか?

第2章 ヒューマンエラーの実態をどう捉えるのか?

第3章 ヒューマンエラーが発生したらどうするか?

第4章 ヒューマンエラーの予防策

第5章 不良率管理からリスク管理へ


【ヒューマンエラー・キーワード解説】
 ★ヒューマンエラー 4つの要因【】【 ★「異常」の検出【
 ★ヒューマンエラーの再発防止策【
 ★オフィス業務のヒューマンエラー対策【
 ★準備作業、間接作業のヒューマンエラー対策【
 ★ヒューマンエラーをゼロにする7つのアプローチ【】【】【】【】【】【
 ★ヒューマンエラー(ポカミス)対策とリスク評価【】【】【
 ★ヒューマンエラー(ポカミス)対策のうまくいかない理由【
 ★ヒューマンエラー(ポカミス)未然防止対策【
 ★IOT活用によるヒューマンエラー対策【 ★自工程完結【
 ★自主検査【 ★指差し呼称【 ★ヒヤリハット【】【
 ★ハインリッヒの法則【


キーワード解説:ヒューマンエラー対策の進め方

ヒューマンエラーの対策は、かつては直接の加工作業や組立など繰り返し作業中
のミスが主な対象でした。 そこでは、人の認知、判断、行動に伴うミスに注目し
できるだけミスを 引き起こさないようにする「ポカヨケ」対策が主体となって
いました。

つまり、個別の案件ごとに製造工程の「カイゼン」によって対策されてきました。
しかし、小量の受注で多品種化された工場のヒューマンエラーは、いままで の
「ポカヨケ」の考え方では対応が難しくなってきました。

このような状況下、何をポイントに管理すればヒューマンエラーは発生しなく
なるでしょうか?

ヒューマンエラーを防ぐ決定打として今後注目されているのは「ヒトのIOT武装」
です。要するに人間の能力をAIを使って高めようとする考え方です。 ただ、
やはり基本となるのは、一人一人が、一つ一つの作業(業務)に対して、自らが
責任を持ち、後工程や、影響を受ける他の部署、最終的にはお客様に対してどの
ような影響を及ぼすのかを考えること。 その考えに基づいた自主検査、指差し
声出し確認を行ってミスのない作業を行うことを心掛けることではないでしょうか?

【関連する記事】
posted by k_hamada at 23:59| ★ヒューマンエラー・ポカミス対策 | 更新情報をチェックする
 ★無料書式フォーマット
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアル

 ★無料ネット相談
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
9月27日(金)大阪市産業創造館
(計画中)
(計画中)
(計画中)
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG