2019年09月30日

多品種少量生産工場の品質管理手法とは?

日本の多くの中小製造業は、「多品種少量、受注加工生産型企業」です。
しかし、品質管理の考え方は、大量生産時代に欧米から学んだ「統計的品質管理」
がベースとなっており、抜取検査法、QC7つ道具やQCストーリーを用いた
改善活動(TQM)を基本としています。




工場長の品質管理の基礎講座(0420東京).jpg

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

しかし、抜取検査法、統計的手法などの品質管理手法は多品種少量生産工場
では通用しません。

以下の項目は、多品種少量生産工場に於ける重要な管理項目です。
品質管理に対する正しい理解のもとにトラブルを未然に防止していくことが
重要です。
 1.1 品質管理活動の3つのポイント 
 1.2 もぐらたたき/再発防止/予防の違い
 1.3 ヒューマンエラー原因究明・対策のレベル
 1.4 未然防止には3種類ある
 1.5 潜在するリスクへの対応
 1.6 三現主義とは
 1.7 日常管理のサイクル
 1.8 4M管理と見える管理
 1.9 基本ルールを守るしくみ作り
 1.10 ヒューマンエラー予防
 1.11 人の対策(教育訓練)

その一部を紹介します。
品質管理の基本1.jpg
品質管理の基本2.jpg
品質管理の基本3.jpg
品質管理の基本4.jpg

詳しくは、こちらを参考にしてください。

posted by k_hamada at 09:00| ★品質管理の基本と日常業務 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   セミナー予定
FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター