2018年04月26日

なぜなぜ分析3つの分析パターン:製造不良再発防止対策事例

なぜなぜ分析は、主に発生した問題の原因を探り、絞り込むためのツールとして
使われます。しかし、目的に応じて分析の方法は異なります。
無秩序になぜ、なぜを5回繰り返しても原因に辿りつくことはできません。

 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

なぜなぜ.jpg
なぜなぜ分析には3つの目的と、それぞれの分析パターンがあります。
原因に辿りつくには、それぞれのケースに当てはめて分析する必要がありますが
しかし、実際にトラブルが発生した現場では、なぜなぜ分析している暇は
ありません。
なぜなぜ分析は事務室で「なぜなぜと考える」のではなく、現場で、現物
をよく観察し、同時進行的に原因の推定とその仮説が正しいかどうかを
何度も繰り返し検証する作業を行って、原因に辿りつくのです。

当然、この作業は素人ではできません。
①物理的な因果関係、②人間の心理的な要因の洗い出しには、機械のプロで
あったり、製造工程を熟知した製造技術者や、現場の管理監督者で実施する
ことになります。

また発生した固有の不具合の原因(なぜ発生したか?)だけでなく、③その不具合
がなぜ防げなかったのか?
 なぜ、事前に対策を講ずることができなかったか?
 また、その不具合の予兆(異常)を捉えることができなかったのか?
について、しくみの悪さ(不備、欠陥)を指摘、是正するすることで、類似の
不具合も含め、再発防止と水平展開を図ります。


なぜなぜ分析の提唱者である「トヨタ生産方式」の著者、大野耐一氏は、現場で
指導を行った際に、「原因をもっと深く追求しなさい! そのためにはなぜを
5回繰り返えすことによって原因に辿りつく」と当時の未熟な技術者に、教える
ために、なぜなぜ5回を提唱したのです。

ところが、残念なことに「なぜなぜ5回」の形だけが独り歩きしてしまいました。
目的は、真の原因に辿りつくことです。そして、二度と問題が再発しない
ように対策することです。そのことと、なぜなぜを5回繰り返すこととは
イコールではありません。

(続く)



7月東京 名古屋2.jpg
2019年 セミナー開催予定表 
 ■中小企業で使える設計ミス防止とFMEA/FTA実践コース
  1月30日(水)東京北区北とぴあ
  (計画中)大阪/名古屋/太田
   お申し込み
 ■IOT時代の最新技術活用によるヒューマンエラー予防対策
  3月29日(金)太田市新田文化会館
  5月24日(金)大阪市産業創造館
  6月(計画) 名古屋市ウインク愛知
   お申し込み
 ■小ロット受注生産工場の実践的!現場の問題解決手法
  4月22日(月)東京北区北とぴあ
   お申し込み

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!