2018年05月08日

工場の3つの改善活動:QCサークル活動の進め方・製造業改善事例

QCサークル活動(小集団活動)は、時代とともに変化していきます。
工場で実施される改善活動は大きく分けて3種類があります。その中で、QC
サークル活動はどこに位置付けるのか明確にしなければなりません。



多くの工場では、多品種少量、受注生産で忙しい状態が常態化しています。
しかし、間接工数の増大、取引先の値下げ要求など、売り上げや利益は伸び
悩んでいます。

そんな中で、工場の改善活動はどのように行われているでしょうか?

 ★工場の日常管理と品質改善活動・事例セミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8000913340716215"
data-ad-slot="6943345099"
data-ad-format="auto">


1.工場の改善活動3つのパターン
工場の改善活動の種類は
 ①経営トップの方針から展開される「経営課題」の改善活動
 ②部門ごとの方針から展開される「業務課題」の改善活動
 ③職場ごとに日常発生する課題、問題の改善活動

工場3つの改善活動.jpg

ここで、いわゆるボトムアップの小集団活動と呼ばれているのは③の改善活動です。
①②は、トップ層、管理層が行うべき改善活動です。
しかしながら、①②の改善活動も小集団のQCサークル活動として定義する企業も
あります。

2.改善活動の目的
「不良を減らしたい」「生産性を向上させたい」「新技術を導入したい」
など、それぞれの目的に応じて、どのような改善活動が必要としているのか
よく考える必要があります。

工場3つの改善活動2.jpg

この場合には、QCサークルにすべての改善活動を丸投げすることなく、会社
全体で、全員参加の改善活動を行う仕組みを構築する必要があります。
具体的には、活動の支援組織(トップ〜管理層〜スタッフ、事務局とそれぞれの
役割)、活動メンバーの選定、テーマの決定方法、発表会の方法などです。

しかしながら、最近では、QCサークル活動そのものを行う企業数も減ってきて
おり、③の活動、つまり日常発生する身近な問題をその都度取り上げ改善する
小集団の活動は、ほとんど行われていない企業も多く見受けられます。
日常の小さな問題を放置し、「***改善活動」の看板を掲げても、決して
成果は得られません。

このようなボトムアップの活動は今後も残していくべきと思います。

各企業では、様々な情報に惑わされず、自社の現状と改善活動のあり方を議論
検討し、実情に合わせた活動の枠組みを設定することが重要です。




2019年 セミナー開催予定表 <こちらから
 2019年1月30日(水)東京北区王子 北とぴあ
  中小製造業で使えるFMEA実践コース<事例・演習付き>

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!