2018年04月26日

原因調査再発防止対策フォーマットの使い方:製造不良再発防止対策事例

工場の品質対策書、クレーム対策書を作成する前に使用する「原因調査再発防止フォーマット」
を紹介します。

 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

1.クレーム対策書を作成するには
対策書を作成する前にまず、「原因調査再発防止対策フォーマット」を使って
漏れなく原因をリストアップし対策を講じます。
以下に、その記入方法について説明します。

2.原因究明と対策は2段階で行う
不良や、クレームの発生を抑えるには、最初に物理的な原因(因果関係)を解明し
対策ます。
次に、その物理的な原因を引き起こした品質管理上のルール不備を指摘します。
以下にその記入フォーマットを示します。

   (無料フォーマット提供サービスでお申し込みください
品質問題・再発防止手順1.jpg
①事実の把握
どこで(Where)、誰が(Who)、いつ(When)、・・・・が(What)
‥‥だったので(Why)、・・・・となった。その結果・・・・が問題と
なった(How)

②因果関係
(人のミス、機械・測定機の異常、材料の異常、手順の不備・欠陥)により、
・・・・が、・・・・となった。(物理的な不具合現象)

③人
スキルの未熟(教育訓練の内容、理解度)/ルール不順守(曖昧なルール、故意
、知らない、無理解、忘れ)/焦り・疲れ・注意力低下・作業中断、引継ぎなど

④機械設備
機械の故障、メンテナンス不備、部品劣化、停電などによる停止、製造不良、設計
不良、操作方法不適、冶具・工具・設備の不備、工程の環境の悪さ(狭い、暑い、
うるさい、塵埃など)

⑤方法
作業指示書・検査指示書(作業指示なし、あいまい、誤指示、変更内容適用漏れ)、
作業前の教育・訓練不備(方法、内容、頻度、理解度判定基準など)

⑥材料
材料の取り扱い方法、保管方法、検査方法など

⑦測定検査
測定・検査方法・手順の不備、測定器の故障、校正不備、測定器の選定(精度)

⑧直接原因の対策
Ⅰ処置、暫定対策、Ⅱ再発防止策:①ルールの新規作成・修正・追加(基準名、
内容を具体的に)、②ルール違反に対する対策(教育訓練、ルールの可視化)

 ★以下は簡易版フォーマットです。
  記入方法は上記の2段階法とほぼ同じです。(皆さんで記入内容を考えてみてください)

対策フォーマット.jpg

次に、予防の管理上の原因(しくみの不備)を解明し対策します。
5Mの要因に対して、工程設計の不備、4M変動管理の不備、検査工程の不備
について、共通ルールの不備を指摘し総合的に対策します

品質問題・再発防止手順2.jpg
①工程設計の不備
 :必要技能項目、教育訓練内容、技能レベル不明確
 機械:機械設備の指定(精度、工程能力)不明確
    機械設備の点検保守、定期交換手順不明確
    冶具・工具の指定不明確
 方法:作業手順漏れ、不明確
 材料:材料の規格・取扱手順不明確
 測定:検査設計不備(方法、種類、頻度、項目)
    測定機の指定不明確

②4M変動管理の不備
 :人の交代、作業中断再開、作業内容等変更の見える化と管理方法不明確
 機械:機械設備の点検、異常の検出、異常の対処方法不明確
 方法:異常発生時の、見える化、異常の判定基準不明確
 材料:異常の種類、見える化、異常の判定基準不明確
 測定:異常発生時の検査方法不明確

③検査工程の不備
 :良否判定基準の人によるバラツキ
 機械:良否判定基準の機械によるバラツキ
 方法:良否判定基準の方法によるバラツキ
 材料:良否判定基準の材料によるバラツキ
 測定

④予防管理原因の対策
・各不具合項目を共通のルールに照らし、ルールの不備内容を修正、追加する
・設備、治工具の新規導入
・人材の補強、配置換え
・組織の見直し(新設、統廃合、役割の見直し)
・新たな管理手法の導入、システムの導入


7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
2019年
1月30日(水)
9:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 803会議室
JR王子駅北口5分
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA(DRBFM)/FTA
・リスクアセスメント



    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG