2019年03月15日

設計のしくみの「目指すもの」とは:ISO9000とIATF16949(TS16949)

一般的にしくみとは、①組織 ②制度 ③プロセス ④コンピュータシステムなど
を指します。
しくみ化とは、処理をコンピューター化する意味だけではなく、決められた通り
仕事の流れ(プロセス)が守られるように、全体を整えることです。そうすること
によって、いつ、誰が、何度やったとしても、良い成果が出せるようになります。


 ★実例で習得するFMEA・設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

図表2-2-1 設計のしくみ.jpg

特に、設計の仕事の進め方は「人に依存」します。効率のよい仕事の進め方をする
人もいれば、遅い人もいます。また間違いが多い人もいます。
設計業務をしくみ化するというのは、設計者の仕事の進め方を、属人的なやり方を
極力廃し、決められた仕事の流れを前提に、うまく流れるように設計のシステムを
構築します。

各企業がどのようなしくみを作るかどうかは、その目的によって違ってきます。
目指すものが不明確のままで、システム化しようとしたり、手法の導入すること
を目的としたりしたしくみは期待した効果は得られません。

では、設計のしくみの「目指すもの」とは何でしょうか?

◆IATF16949(TS16949)の要求事項
2016年10月、ISO9001:2015を基準とした自動車産業向け品質マネジメント
システム規格として、IATF16949が発行されました。これは、従来のISO/TS16949
に替わる、自動車産業の品質マネジメントシステムを対象とする国際規格です。

IATF16949は自動車関係製品の品質を確保するため、iso9000では規定して
いない、より具体的な実現手段を規定しています。
IATF16949は製品実現(一連の製造プロセス)を達成する手段として、先行製品
品質計画(APQP:ADVANCED PRODUCT QUALITY PLANNING )または
プロジェクトマネジメントを用いる事を要求しています。 

◆設計品質作り込みのしくみ
ISO9000、IATF16949を参考に、設計のしくみをどのように構築していったら
良いかを考えてみます。
IATF16949では、不具合発生前にリスクを削減、低減させるため、潜在的故障
モードの想定妥当性確認などを実施し、市場クレームなどを減少させていく仕組み
の構築を求めています。
これは、自動車のみならず、あらゆる製品の設計に共通した課題であると考え
られます。

設計品質作り込みのための重要なポイントは
 ①市場あるいは顧客の要求事項を確実に設計にインプットさせること
 ②市場あるいは顧客の暗黙の要求事項、法的な制約を確実に設計にインプット
  させること
 ③市場あるいは顧客に受け入れられるタイミング、価格でより付加価値の高い
  設計の製品をアウトプットすること
 ④市場あるいは顧客のあらゆる使用環境を考慮した設計の製品をアウトプット
  すること
 ⑤部品ばらつき、製造ばらつきを考慮し、製造しやすい製品の設計結果を
  アウトプットすること

であり、決められた設計プロセスに沿ってそれぞれの目的に応じた設計手法やツール
を使いこなし、設計を進めていく必要があります。そのためには、従来から採用され
ている考え方や、手法を根本から見直す必要も出て来ると考えられます。

(続く)

posted by k_hamada at 23:58| ★リスク対応と信頼性設計の進め方 | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!