2019年03月15日

設計と製造の役割分担と品質保証:リスクの予測&アセスメント設計手法

ある方からこんな質問が来ました。

今現在の悩みは、工程FMEAの実施前に、設計部隊がFTAや設計FMEAを行い、設計
で市場不具合発生のリスク低減をできない項目を製造部門で対策すべきと思って
おりますが、設計部隊の認識が低く、うまく部門間の連携ができていません。
市場不具合リスク低減の為に、開発部門、製造部門が実施すべきことを明確に
することなど、どうすれば一番より効果的なのか悩んでいます。


 ★実例で習得するFMEA・設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス


  表紙.jpg




設計ミス未然防止対策.jpg

これはなかなか難しい問題ですね。
品質はほとんど設計の良し悪しで決まってしまいますから、工程FMEAを実施しても
設計へフィードバックする項目が多くなると思います。
(特に設計の認識が低いということであれば・・・)
ということは、製造性を考慮した設計をはじめから実施する必要があるわけです。

FMEAを考える前に、まず、いかに製造性を考慮した設計を実施するか?です。
つまり、設計工程へ、製造部門が早いうちにかかわっていけるかがポイントとなります。
例えば、寸法リミットの緩和、微妙な調整個所の低減、部品の加工形状の単純化
ねじ止め個所の低減・・・・など

市場のトラブルを分析、して、まずそれを設計の観点で見直すことが必要です。
これは、FMEAではなく、FTAの役目です。
市場トラブルは、製造ミスがきっかけとなっているが、実はミスを起こしやすい
構造設計が原因になっていることが多いと思います。
どうしても設計で対策できないときは、製造側で冶具作成、ポカヨケ、検査など
で流出を防ぎます。

まず、FTAで市場トラブルをつぶし込むことを優先させるべきと思います。
FMEA はそれらの対策の後に、つぶしきれない想定外のトラブルを検出するために
使うツールです。
流用設計、類似設計の製品であればは、FTAを実施すればほとんどのトラブルは
解決するはずです。

当研究所では定期的にFMEA/FTAのセミナーを開催しています。
上記のような実践的な内容の解決策を提示できるセミナーは少ないと思います。
ぜひご検討ください。

(続く)

posted by k_hamada at 23:55| ★リスク対応と信頼性設計の進め方 | 更新情報をチェックする

2019年度 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
  これからの品質管理は、隠れた問題に「気づく」
  ことに重点を置くべき。つまり設計者が、設計
  時点で問題に「気づく」しくみづくりが重要!
◆2020年3月27日(金)
東京北区北とぴあ

◆2020年4月以降 
愛知県産業労働センター

  品質保証部長として最優先で取り組むべき事は
  どんな手段を使ってでも「不良品は絶対に外に
  出すな!」です。
◆2020年1月23日(木)
 太田市新田文化会館

◆2020年1月31日(金)
大阪市産業創造館

◆2020年2月21日(金)
東京北区北とぴあ

 小ロット受注生産工場の生産性向上
  ・リードタイム短縮手法
  ・在庫削減手法
  ・不良ゼロ実現手法
(計画中)

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★購入お申し込みは <こちら>
FMEA_FTA実施手順表紙1.jpg 全数検査.jpg スライド1.JPG 多品種少量生産工場 生産性向上の攻めどころ0824.jpg 設計ミス未然防止対策.jpg 若手中堅社員のプロ人材育成マニュアル0104.jpg なぜなぜ分析表紙1.JPG 工場長の業務改革・品質改善活動マニュル.jpg


音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG スライド4.JPG スライド5_1.jpg
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアルを多数準備しました。
  4M変更申請書/クレーム対策書・是正対策書/STPDフォーマット/OJT計画書・・・

 ★無料:ネット相談フォーム
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆