FMEAで一体何ができるのか?(FMEAの目的と期待する効果とは)

FMEAは本来「信頼性解析手法」であり、部品やユニットの信頼性について解析
を行います。誤操作などヒューマンファクターの解析はできません。
FMEAは、部品の破壊やコンポーネントの構造の破壊が原因で発生する最終製品
の故障が、どのようなリスクを招くのかを定量的に評価するためのツールです。


 ★実例で習得するFMEA/設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス




スライド63.JPG
製品の信頼性や安全性に問題がある場合は外観上、動作上でわかるものは
試作評価や製造工程の検査で発見できます。
しかし、多くの問題は潜在しているため、設計段階で気づいて対策する必要が
あります。
製品の企画段階、基本設計段階で信頼性や安全性を抜け漏れなく確保するため
強度設計、誤操作防止設計などを行って試作段階で実機による検証を行うという
方法を従来から行ってきました。

しかし、リコール問題の原因を調査すると、「評価不足」「検討不足」など
とする原因が多く見られ、設計期間の短縮、製品構造の複雑化などによって十分
検討する時間がなかった、また「検査もれ」として、工場での見逃し、人的ミス
などにより不良が検出されず流出することもしばしば発生しています。

そこで、FMEAやFTAなどの上流工程における解析技法を使って、このような
問題が発生しないようにする必要があります。

一般に流出する不具合は
①発生確率の低い事象でも事故による影響の大きいものは対策しなければ
 ならないが、その項目が見逃されてしまい、FMEAや評価テストの対象
 項目としてリストアップされない。
 例えば、この部品は破損するはずがないので、評価対象に入れる必要が
 ないと設計者が判断した場合、あるいは気づかなかった場合など

②使用者のミスや故意による不安全行動をすべて加味すること困難である

③外乱の影響、設置、運転条件など市場での条件をすべて設計時に考慮に
 入れて設計することは困難
 つまり故障による影響の予測を行う際、事故や災害の発生、その影響の
 大きさまでは想定できない、あるいは設計時に考慮されない場合がある

④部品点数が多いほど、時間と要因を要するため、コストアップ・開発
 期間の大幅増加、設計者の負担増になり、解析を行うのは困難となる

これらの問題に目をつむって、設計者のみに負担を強いるFMEAでは実際の
効果は得られないことは明らかです

そこで、当研究所では実用的な「FMEA実施手順」を実用化し、具体的な
実施方法を公開し普及に努めています。

無料問い合わせサービス、無料情報提供サービスなどをご利用ください。

IMG_3430.JPG

セミナーは東京・大阪・群馬開催中!
 ★実例で習得するFMEA/DRBFM、FTAセミナー