2018年07月07日

FMEAで一体何ができるのか?FMEA(DRBFM)/FTA/解析事例、実施手順

FMEAは本来「信頼性解析手法」であり、安全性の解析、誤操作などヒューマン
ファクターの解析はできません。
FMEAは、部品の破損、摩耗などの原因による製品の故障と故障による一時的
な影響を解析するためのツールです。
FMEAで、何ができるのか?何ができないのか?を以下にて整理してみます。


 ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

  表紙.jpg



スライド63.JPG
製品の信頼性や安全性に問題がある場合は外観上、動作上でわかるものは
試作評価や製造工程の検査で発見できます。
しかし、多くの問題は潜在しているため、設計段階でチェックする必要が
あります。
製品の企画段階、基本設計段階で信頼性や安全性を抜け漏れなく確保するため
強度設計、誤操作防止設計などを行って試作段階で実機による検証を行うという
方法を従来から行ってきました。

しかし、リコール問題の原因を調査すると、「評価不足」「検討不足」など
とする見解が示され、設計期間の短縮、製品構造の複雑化などによって十分
検討する時間がなかった、また「検査もれ」として、海外工場で人的ミスが多く
発生し潜在不良が検出されず流出するといった報告がなされ、必ず最後に
「再発防止」を徹底するとのコメントが報道されます。

FMEAやFTAなどの解析技法を使って、このような問題は本当に防げるでしょうか?
答えは否です。

その理由は
①発生確率の低い事象でも事故による影響の大きいものは対策の対象にしなければ
 ならないが、その項目が見逃されてしまい解析の対象としてリストアップされない。
 例えば、この部品は破損するはずがないので、故障モードリストに入れる必要が
 ないと設計者が判断した場合、など

②使用者のミスや故意による不安全行動をすべて加味すること困難であること。

③外乱の影響、設置、運転条件など市場での条件をすべて考慮に入れることは困難。
 つまり故障による影響の予測を行う際、事故や災害の発生、その影響の大きさ
 までは想定できない。

④部品点数が多いほど、時間と要因を要するため、コストアップ・開発期間の
 大幅増加、設計者の負担増になり、解析を行うのは困難となる

これらの問題に目をつむって、設計者のみに負担を強いるFMEAでは実際の
効果は得られないことになってしまいます。
そこで、当研究所では「FMEA簡易評価法」を実用化し、その手順を公開し
普及に努めています。
「FMEA簡易評価法」はFMEAの機能を失わず、簡易手順を実現したものです。

 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス
IMG_3430.JPG

セミナーは東京・大阪・群馬開催中!
 ★実例で習得するFMEA/DRBFM、FTAセミナー
   お申し込みは下段フォーマットより




posted by k_hamada at 23:59| ★FMEA・DRBFM/FTAと市場リスク回避 | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!