是正処置の本当の意味は?(再発防止、水平展開、予防処置の違い)高崎ものづくり技術研究所

製造業のクレーム対策に於いて是正処置とはどのような処置でしょうか?
また再発防止、水平展開、予防処置の違い、更に、標準化と歯止めについて
も考えてみます。


 ★無料サービス


 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を事例で習得するセミナー





(DVD版)音声解説付きテキスト
 ヒューマンエラー徹底対策講座 <詳細はこちら



1.是正処置
「是正」を辞書で引くと「誤ったことを正しく改めること」と出ています。
しかし、ISO9000でいう是正は、「組織は、再発防止のため、不適合の原因を
除去する処置をとること。」と記載されています。

つまり、同じ不適合が二度と起こらないように(再発防止)、不適合の発生原因
を取り除くため、以下の処置を規定しています。
 a) 不適合の内容確認
 b) 不適合の原因の特定
 c) 不適合の再発防止を確実にするための処置の必要性の評価
 d) 必要な処置の決定及び実施
 e) とった処置の結果の記録

では、再発防止を確実にするために、具体的にどのようなことを行えばいいで
しょうか?

2.再発防止
問題が起こると、必ず「原因を速やかに究明し、二度と事故を起こさないように
万全の再発防止対策を講じ・・・」というのが決まり文句となっていますね。

しかし間違ってはならないのは、「誤ったことを正しく改める」だけでで終わら
せてはいけません。

不適合品に対して、手直し、修理、廃棄、人に対しては、注意勧告、教育など
作業方法に関しては、「手順書の見直し」「基準の明確化」「検査の強化」
などです。
これらは「修正処置」であり、「再発防止対策」ではありません。
では、何を行えば「再発防止」になるのでしょうか?

①「修正処置」で決められたことが正しく実行されるように管理すること
 手順書を修正する→修正内容を教育する→正しく実行されているか確認する
②もし正しく実行されない、あるいは決められた通り実行しても不適合が発生
 する場合は更に追加の「修正処置」を取ること

③再発防止処置の決定と承認、その実行の責任など必要な事項を対策の手順に
 含めること
 ①、②により一定期間(目安:1か月~3か月)確実に実施されているかを
 責任者が確認し承認する

再発防止は、①~③の継続的な取り組みを含めた「改善活動」により初めて有効
なものとなるのです。しかし、ほとんどの場合、手順書を修正する、教育するで
終わってしまう、また、決めたことが守られないなどの悩みも多く聞かれます。

では、どのようにすれば確実に再発防止が図れるでしょうか?
ここが最も重要であり、「忙しいから」「ベテランはルールを守らないから
など、様々な障害が立ちはだかります。
そこで、管理者の力量が問われることになります。何とかして再発を食い止め
ようとする地道な努力を自ら汗をかいて実行していくしかありません。

そして、上からの押し付けルール、作業に負担のかかるルールはやめ
暗黙的に自然に守られる環境を整えながら、ルールを根付かせることです。

つまり、悪い習慣を、良い習慣に変えていくこと、管理者の粘り強い取り組み
が求められるのです。

是正処置.jpg

3.水平展開
是正処置の効果をより大きくしていくための有効な活動は「水平展開」です。
ひとつの改善で得られた情報は、かならず、その結果を同じように活用できる
ところはないだろうかと考えることが大事です。
 a)同じような構造の機械はないか
 b)同じような作業方法をしているものはないか
 c)同じような材料を使っているものはないか
 d)同じような設計をしている製品はないか

どこまでが是正処置で、どこまでが水平展開なのかは厳密には区別が付けられ
ない場合も多いと思います。しかし、是正処置を行うときにはできるだけ、
考えられる範囲で水平展開を図り、同様な不具合発生しないようにします。

4.予防処置
「予防処置」とは「不適合やロス、ミスが発生することをあらかじめ予測し、
防止するために、その原因を除去する処置を決めること。」と定義できます。
ISO9000では「予防処置」について以下の事項を規定しています。
 a)起こりうる不適合及びその原因の特定
 b)不適合の発生を予防するための処置の必要性の評価
 c)必要な処置の決定及び実施
 d)とった処置の結果の記録
 e)予防処置において実施した活動のレビュー

つまり「是正処置」は一度発生した事実「顕在的要因」に基づく再発防止策で
あり「予防処置」はまだ発生していないが、「今、こうしておいた方が良いの
ではないか」という予測による対策することです。つまり「潜在的要因」を
除去する発生防止策です。
FTAやFMEAは予防処置のツールとして用いられます。

5.標準化と歯止め
歯止めとは標準化と管理の定着のことです。
「標準化」とは、だれがやっても同じようにできるような仕組みにすること
ですが、標準書とか手順書、或いは作業書といった作業をするためのマニュアル
を見直す、または新しく作り、そして、これを皆で順守するということが標準化
です。

決めごとだけ作って、それを実行しないと意味がありません。
決めたことがちゃんとできているかという点検やチェックが必要です。そして
それはやったかどうかの記録を残す必要があります。それが「管理の定着」に
なります。

さらに新しい人が加わった場合は、その作業手順を教えなくてはなりません。
つまり「教育」が必要ということです。
これら、「標準化」「教育」「管理の定着」を5W1Hで整理し、いつ・どこで
・誰が・何を・どのようにとするのかを明確にします。

繰り返しになりますが、管理者のリーダーシップにより、どうすればルールを
みんなで守り定着することができるか?知恵と粘りの努力が必要となるのです。

品質管理活動とは、不適合の発生を防ぐために、日常の業務の中で、管理の定着
を図り結果をレビューするという継続的な取り組み(PDCA回す)を行うことを
言います。

もっと詳しく知りたい方は


2021年 DVD版:ナレーション付きテキスト品質改善講座
 各6000円   お申し込みは <こちらから
 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから> 
スライド1.JPG
No.01 DVD:6,000円
時代に適した新たな品質管理の取り組みに重点を置き、潜在不良の未然流出防止対策の考え方と実施手順について解説します。
品質管理の基本とルールを守るしくみ、工程設計段階における予防処置、4M管理手法、検査方式設計手法など。
   詳しい内容はこちら 
スライド2.JPG
No.02a DVD:基礎編 6,000円
No.02b DVD:応用編 6,000円
ヒューマンエラー対策のポイントは、ミスの起きやすい作業を科学的に分析すること、ミスを予防するためのしくみをしっかり構築することです。多品種少量生産工場においてヒューマンエラー対策は最も重要な品質向上策です。
   詳しい内容は<こちら
スライド3.JPG
No.03 DVD:6,000円
多品種少量生産工場における現場の日常管理の主体は4M変化点管理です。本マニュアルでは、4M変化点の発生するケースを3つに分類し、それぞれの管理方法、手順を詳しく解説します。
   詳しい内容はこちら
スライド4.JPG
No.04a DVD:基礎編 6,000円
No.04b DVD:応用編 6,000円
モノと情報の流れ図を作成し、流れを阻害する個所を特定し、しくみの悪さを是正する活動で、部分最適に陥ることなく、全体最適化を図り、工場の品質向上、生産性向上を図る。 
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.11a DVD:基礎編 6,000円
No.11b DVD:実務編 6,000円
FMEA簡易評価法(DRBFM)を基礎から学ぶための入門テキスト 基本的な考え方補助ツール、実施手順(事例)をわかりやすく解説します。
   詳しい内容は<こちら
スライド2.JPG
No.12 DVD:6,000円
工程FMEAを実施するにあたっては、製造工程の信頼性設計の考え方、リスクの想定と予防策を講ずることが前提となります。また上流工程からの情報の欠落、劣化を防止するためのレビュー実施が欠かせません。
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.21a DVD:基礎編 6,000円
No.21b DVD:応用編 6,000円
スマートファクトリー化を見据えた中小製造業のロボット導入、IOT導入を伴う現場改革手順、導入の課題を明らかにします。
  詳しい内容はこちら
スライド2.JPG
No.22a DVD:基礎編 6,000円
No.22b DVD:応用編 6,000円
ボトルネック・制約条件(TOC)理論に注目して、攻めどころを設定し、リードタイム短縮、付加価値生産性(スループット)工場を図る改善手順について事例を交え、解説します。
   詳しい内容はこちら
お申し込みはこちらから
 品質管理・品質改善事例研究
      <PDF電子データー配信>

 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから 

★ご注文は <こちらから
  お支払いは、銀行口座振り込み、クレジットカード払い、Paypalから選択
  (海外からもで購入可能)

スライド1.JPG
多品種少量生産、人手不足など厳しい市場の品質要求に応える新しい品質管理手法を提案!統計を使ったもぐらたたき方式から気づき、予測に基づくトラブル未然防止に重点を切り替えます。
 ★PDF電子マニュアル:1500円
スライド1.JPG
多品種少量生産時代の現場の4M管理のルール重点管理・先手管理/重要要因・重要特性の統計的管理手法などを体系的に網羅しています。
 ★PDF電子マニュアル:3,000円
スライド2.JPG
まず、現場におけるモノと情報の流れ図を作成し、全体を俯瞰します。流れを妨げる問題をクローズアップし原因を究明します。原因は、管理の仕組み上の不備・欠陥に起因します。決して現場の整理整頓など目に見える事象に囚われてはいけません。
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド1.JPG
企業の問題で一番対策が難しいのはヒューマンエラーです。その再発防止手順を主体に具体的に分かり易く解説。ポイントはヒューマンエラーの品質管理要因分類!IT・AI最新技術を活用した検査装置、作業ミス防止装置など!
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド1.JPG
工場監査(工場選定)、ISO9000に沿ったシステム監査、工程監査(SMT基板工場)の3種類セットになっています。協力工場調査130項目、工場システム監査19項目、工程監査280項目、海外工場にも使えます。
 ★EXCEL形式データ:3,000円
スライド1.JPG
製造工程設計におけるFMEAの考え方・実施手順、リスク予防の観点で製造工程の予防対策を実施方法をわかりやすく解説します 
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド2.JPG
小規模設計チーム、部品設計、ユニット設計など小規模な製品でも使えるFMEA簡易評価法を紹介します。FMEAの基礎知識、設計工程に組み込むにはどうするか?ノウハウを明らかにする実務解説書。
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
全シリーズ(23種類)の一覧表は<こちら