2019年10月18日

IOT導入と4M変化点管理:工場の品質改善事例

4M管理は、特に多品種少量受注生産工場における管理の重要ポイントとなっています。
そこで、IOTを活用した4M管理はどのように行えばいいか考えてみます。





ICT.jpg


 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を実習で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

■ IOTの3つの機能
IOTの3つの機能は、センサーによるデータ取得、ネットワークによるデータ転送
そしてデーターの蓄積・加工です。
4M変化点管理に求められるのは、リアルタイムに変化を捉え、適切なアクションを
取ることです。
そこで、現場の状況を捉える7つの道具と、それを処理して見える化する手段に
ついて明らかにします。

■ 刻々と変化する現場の状況を捉える7つの道具
日本能率協会コンサルティング(JMC)は、製造現場におけるIoTの活用に
役立つ可視化・分析ツールとして「現場IoT7つ道具」の展開行っています。
このツールは、製造現場の状態の見える化/分析につなげていくための手法を
整理したもので、品質管理で用いられている「QC7つ道具」のIoT版と言えます。
IOT現場7つ道具.jpg

例えば③場面分析では、チョコ停の瞬間、不良発生状況などを現場・現物・現実
で記録することを可能とします。
故障発生!不良製品発生! など発生のその瞬間はなかなか確認が難しいもの
です。IoSによって、場面を捉えることが可能になれば、原因が見つかり改善に
つなげることが可能になります。

1IOT7つ道具.jpg

AI機能を備えることによって、カメラの映像を瞬時に画像解析をして異常
を検出します。撮影している人や設備、ワークの動きが、AIで学習した正常な
動きと異なる場合を検知し、異常発生と認識をして記録を残し、同時に、関係
者へ画像と共にアラームメールを発信することも可能となります。

posted by k_hamada at 20:52| ★4M変更(変化点)管理の進め方 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   9月:セミナー予定
FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター