2018年04月20日

工場の品質改善マニュアル:生産現場の課題達成型改善活動マニュアル

多品種少量生産工場における様々な問題を放置することなく解決するには
どのような考え方で進めたら良いだろうか?

生産現場の課題達成型改善活動マニュアル
 (PDF電子データ版:税込3000円)

 お求めはクレジットカード(海外可)または銀行振り込みで! <お申込みフォーム

手法を使いこなす3つの提案
「なぜそうするのか?」本質を理解すれば実務にすぐ応用できます。
 ①目的を理解する
 ②手順・フォーマットの提案
 ③事例に当てはめ使い方を解説

生産現場の問題解決手順2.jpg

多品種少量生産を強く意識した、生産管理、現場の問題解決の手引書です。
中小部品加工、組立生産工場を想定して解説しています。

■ 生産活動とは
 1.お客様に付加価値を提供する
 2.5Mの要素を使って目的のQCDを達成する
 3.お金の流れをコントロールする
 4.付加価値生産性(スループット)を高める
 5.継続的な企業活動により社会に奉仕する

■多品種少量生産工場の生産管理
 1.多品種少量の生産形態
 2.多品種少量生産の生産管理
 3.日々の進捗管理をうまく廻す

■ 現場改善のポイントと進め方
 1.作業時間分析
 2.生産性を決定する3つの要因
 3.付加価値を生まない時間こそが排除すべき
 4.現場では4つの品物が作られる
 5.標準時間を設定する
 6.1品1様生産で、連続生産並みのリードタイムを実現させるには?
 7.「反復性」の高い作業に注目し、そこを標準化する
 8.稼働率アップは、手待時間および間接作業時間の最小化を目指す
 9.稼働率と可動率の違いは?
10.余剰の人(経営資源)を生むことが現場改善活動の目的

■ 段取り作業の改善
 1.段取り替改善のステップ
 2.改善事例
 3.設備改善の進め方 設備のあるべき姿

■リードタイム短縮/生産性向上のステップ
 はじめに
 1.TOC/DBR理論による生産性向上の考え方
 2.リードタイム短縮の取り組み事例
 3.生産性向上の取り組み事例

■ ヒューマンエラー対策
 1.ヒューマンエラーのメカニズム
 2.ヒューマンエラーの要因分類
 3.ヒューマンエラーを防止する 5つアプローチ

■ 5Sと見える化
 1.5Sの目的
 2.5S改善のステップ

■ 現場の改善活動の進め方
 1. 3つの課題と活動の目的
 2. プロジェクトマネジメントの進め方
 3.従来型QCサークル活動とは
 4.新QCサークル活動手順書

 お求めはクレジットカードまたは銀行振り込みで! <お申込みフォーム


【関連する記事】

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!