2018年05月08日

小集団(QCサークル)活動はなぜ形骸化するのか?製造業の改善活動事例

今の時代、小集団活動は
 ①最初に工場の経営層による小集団活動の目的、位置づけの明確化が必要
 ②活動する小集団のメンバーの教育と、支援する管理層の教育をセットで
  行う必要がある


つまり、小集団活動といっても、実際は「全社改善活動」なのです。

そのような理解がなければ、形骸化してしまいます。
実はほとんどの企業が、QCストーリーづくりの活動となって形骸化しています。
従って、メンバーだけを対象とした、活動手順の資料というものは意味がありません。

割り切ってしまって、問題解決型/課題達成型のQCストーリの解説書であれば
巷にあふれるほど出回っていますが、それだけでは、活動はうまくいきません。

私は、現在関東近県で、部品加工工場の支援をしていますが、工場の解決
すべき問題が山積み状態となって放置されています。
このような問題は、小集団活動では解決しません。なぜなら、小集団だけでは
解決しない工場全体で考えるべき難しい問題ばかりだからです。
経営層、管理層、そして小集団がそれぞれの役割を果たして、初めて問題が解決
します。

今の企業は、人手不足や、納期の問題で、かつてのように、小集団活動が
QCストーリーやQC七つ道具など品質管理を学習する場ではありません。
活動するからには効果、実績が求められます。



7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG