2018年05月08日

小集団(QCサークル)活動はなぜ形骸化するのか?製造業の改善活動事例

今の時代、小集団活動は
 ①最初に工場の経営層による小集団活動の目的、位置づけの明確化が必要
 ②活動する小集団のメンバーの教育と、支援する管理層の教育をセットで
  行う必要がある


つまり、小集団活動といっても、実際は「全社改善活動」なのです。

そのような理解がなければ、形骸化してしまいます。
実はほとんどの企業が、QCストーリーづくりの活動となって形骸化しています。
従って、メンバーだけを対象とした、活動手順の資料というものは意味がありません。

割り切ってしまって、問題解決型/課題達成型のQCストーリの解説書であれば
巷にあふれるほど出回っていますが、それだけでは、活動はうまくいきません。

私は、現在関東近県で、部品加工工場の支援をしていますが、工場の解決
すべき問題が山積み状態となって放置されています。
このような問題は、小集団活動では解決しません。なぜなら、小集団だけでは
解決しない工場全体で考えるべき難しい問題ばかりだからです。
経営層、管理層、そして小集団がそれぞれの役割を果たして、初めて問題が解決
します。

今の企業は、人手不足や、納期の問題で、かつてのように、小集団活動が
QCストーリーやQC七つ道具など品質管理を学習する場ではありません。
活動するからには効果、実績が求められます。




  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!