2018年04月25日

ポカミスの影響拡大を抑える「異常検出力」「不確かさ検知能力」とは?

ヒューマンエラー・ポカミスは不良に発展する前の「異常」を検出する

ヒューマンエラー対策は、かつては加工作業や組立作業中のミスが対象でした。
作業者がミスをしなうようポカヨケ冶具や検査冶具などに工夫を凝らして来ました。
ところが現在では・・・
なぜなぜ2段階法によるヒューマンエラー対策.jpg

  ★多品種少量生産工場の正しいヒューマンエラー対策シリーズ


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8000913340716215"
data-ad-slot="6943345099"
data-ad-format="auto">

ところが現在の工場ではどうでしょうか?
多品種小ロット受注生産工場では、ヒューマンエラーは
準備作業・間接作業など、直接工程以外で多く発生するのです。

では、その場合、何をポイントに管理すればヒューマンエラーは発生しなく
なるでしょうか?

1.人の対策
 最も重要なことは、一人ひとりが、確実に自分の仕事を行うという自覚と
ミスをしないように確認をすることです。この考えが基本に無いと、何を対策
しても効果がありません。トヨタの「自工程完結」の考え方を適用します。
 ・自主検査
 ・指差し呼称
 ・ヒヤリハットの申告と対策
 ・OJT
などがミスを減らすために有効な方策となります。
そして、「これは変だ」「いつもと違う」などの異常検出力をスキル
として身に付ける必要があります。

それと、もう一つ重要なのは不確かさ検知能です。
これは、作業手順や、作業結果の判定基準で、不確かな項目を指摘
する能力です。例えば
 ・作業標準を見ない、確認しない、誤って理解している
 ・接着作業の結果の良否判定方法が測定不能、又は不明確な場合
 ・顧客情報や変更情報が正確に伝わらない場合
 ・異なった作業手順や判定方法が人によって伝えられている場合
などが該当します。

多品種少量生産工場においてはこのような人作業におけるスキルを磨き、ミスを
起こさない、あるいはミスを後工程へ波及させない対策が最も重要となります。

2.情報の対策
 変化する状況を的確にとらえて生産を行うには、タイムリーに、正確に情報を
必要な部署(人)へ伝達する必要があります。
 ・朝礼
 ・部署間連絡会議
 ・通知類(5W1H)
など、情報伝達のツールを仕組み化することが重要になります。

3.ハード対策
これは、従来から実施されている治工具や測定器、運搬手段などのハード対策
です。
 ・ポカヨケ冶具
 ・測定冶具
 ・自働化設備、機械
 ・アラーム表示
など、従来からトヨタ式生産工場で用いられている方法です。

4.ソフト対策
 品質管理のしくみの対策によりミスを防止します。
 ・工程設計時にミスを予測し対策する(QC工程図)
 ・生産中にミスを防止する(4M変動管理、異常の見える化)
 ・第三者検査と工程ストップ
など、顧客へ不良を流出させない上記の3つの流出防止策(ルール化)を講じます。
【関連する記事】

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!