2018年09月30日

中小製造業で決定的に不足していることとは?製造業の品質改善の進め方事例

中小製造業で決定的に不足していることとは?
最近の多品種少量生産工場で、決定的に不足していることとは一体何でしょうか?
品質管理の基本:統計手法、QC七つ道具、なぜなぜ分析、それともQCストーリー
でしょうか?

いや、そのどれもが、今の製造業ではそれほど必要性を感じていませんね。

 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を事例で習得するセミナー
   ・詳細内容・スケジュール(東京・大阪・群馬で毎月開催)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・不良原因解析&再発防止2段階なぜなぜ分析手順書
   ・リスク回避のヒューマンエラー再発防止対策マニュアル
 ★無料サービス
   ・クレーム対策書フォーマット(記入例)
   ・不良解析フォーム3セット(記入例)
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座

中小の製造業では、人、モノ、金、情報などの経営資源は大企業に比較し質・量
ともに劣っています。しかし、その中で最も大事な資源は「人」です。

中小企業にとって最大のコスト…それは、間違いなく、人件費です。
人は「最大の経営資源」であると同時に「最大のコスト」ということになります。
つまり、「人材」をどう教育し「人財」に育て上げられるか否かにより、人が
「資源」になるか「コスト」になるかが決まります。

また、「経営課題は組織の中にあり」という言葉の通り、中小企業の経営課題の
8割は時代と環境の変化に対応して革新できない自社の体制や体質にあります。
つまり、中小企業の経営課題は、ほぼすべてが「人の問題」なのです。

ところが中小企業にとって、社員の教育は最重要課題と言っても過言ではありま
せんが、ほとんどの中小企業は社員教育に時間もお金を注ぎ込んではいないのが
現状です。

中小企業の本質的な経営課題は、景気や業界や競合他社との戦いではなく、時代
と経営環境の変化に対応して革新できない自社の体質や体制の中にあります。

では、経営環境の変化に対応して体質や体制を革新するためにはどうすれば
良いでしょうか?

1.自工程完結
自工程完結とは、自分の工程でつくったモノは自分で品質を保証するという考え方
のこと。 後工程はお客様という考えで、後工程に不良・不適合を流さないという
意識と行動が大切となります。

多品種少量生産工場では、生産工程に入る前の準備作業、段取り作業でも確実に
作業を行って後工程に影響を与えないようにします。
指差し呼称、ダブルチェックなどのミスを極力防止する対策を行います。

2.コミュニケーション
同じ職場の中でも、意外とコミュニケーションが不足している場合が多いのです。
部署間のコミュニケーションとなると、ほとんど行われていないという実態が
浮かび上がってきます。
朝礼や、現場の短時間の情報交換、打ち合わせは品質問題を解決するためには
最も重要な情報交換ツールであり、この時間をムダと捉えることはコミュニ
ケーション機会を奪うことになるのです。

3.問題を放置しない
問題が放置される原因の一つが上記のコミュニケーションの悪さです。
それと、部署ごとの役割、仕事の役割や役職の役割などが不明確となっている
場合です。よくホウレンソウといわれますが、ホウレンソウが活発に行われれば
問題も放置されることが無くなります。問題が起きたら絶対に放置せずに何らかの
方法で、解決方向に向かわせることが重要です。

4.2段階なぜなぜ分析
問題を解決するには、三現主義で、問題を正しく捉え、因果関係を究明することです。
なぜその問題が発生したのか、人・機械・方法・材料・測定の5Mの要因を洗い出し
その中から因果関係を究明し対策します。
次に、その問題がなぜ防げなかったのかを仕組みの原因として捉え、共通の仕組み
の不備を是正します。
 ①なぜ発生したのか?(因果関係の究明と対策)
 ②なぜ未然に防止できなかったのか?(共通の仕組みの原因究明と対策)
の2段階で対策することにより、再発防止が図られます。

5.標準化
ルール(業務手順書、作業手順書、検査基準など)を守ること。
これが品質管理の基本です。その上で、問題があればルールを見直しします。
ルール無視、知らない、守らない・・・というような工場では品質改善は
絶対にできません。

中小製造業で最も必要とするものとは、このような考えをもって行動できる
人材です。このような正しい考え方と行動で、業務を改善できる「プロ人材」
を育てることです。しかし、このような考え方と行動を促すための「人材教育」
は決定的に不足しています。


7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG