2018年05月20日

支援メニュー:若手・中堅社員の実践的教育:高崎ものづくり技術研究所

若手・中堅社員の実践的教育は、中小製造業の共通の課題です。
限られた人材で、多品種少量受注生産を強いられる工場では、品質・納期を
どのように確保するのかが最大のテーマです。

支援フロー.jpg
では、第一線の若手・中堅社員の実践教育手順について以下に解説します。

1.品質管理の基本を学ぶ
品質管理は、正しく理解しなければなりません。
しかし、従来の品質管理解説書では、多品種少量受注生産の工場には適応して
いるかというと疑問符府が付きます。
相変わらず、統計、QC七つ道具、QCサークル活動など、大量生産時代の管理の
やり方から、抜け切れていません。(必要ないというのではなく、やり方を
変えていく必要があります)

今の工場の現場の実態はどうでしょうか?
生産する製品は毎日のように替わり、しかも短納期で納入する必要があります。
その中でミスなく作業し、品質を確保しなければなりません。

そこで必要になる品質管理は、統計でもQC七つ道具でもありません。
また、多忙な中、QCサークル活動も成り立たないのが現状です。

そこで、正しい品質管理の考え方を基に、時代に適合した効果的な管理手法を
学ぶ必要があります。
とくに徹底させなければならないことは、「」の意識と行動です。
「三現主義」「5W1H」「再発防止」「ルール順守」「報連相」などの
考え方に基づいた課題解決のための行動が重要になります。

2.課題解決の取り組み
品質管理の正しい考え方と行動を基本に、課題解決に取り組みます。
従来から未解決となっている工程の問題、設備の問題、情報伝達の問題そして
都度発生する製品の不具合、作業ミスの問題などを放置することなく解決に
向けて行動しなければなりません。

そこで必要となるのが、解決に向けた関係者によるコミュニケーションです。
会議だけでなく、朝礼や、現場で三現主義によるミーティングの機会を作ること
が重要であり、そこで管理層のフォロー、コミュニケーションの環境づくりが
重要になります。

解決までの手順は、「現状把握」「因果関係究明」「原因の除去(処置)」
「しくみの不備、欠陥の究明」「しくみの是正(標準化)」「しくみの周知」
「しくみの定着確認」です。

3.対応策の提案
解決までの手順と同時に学ばなければならないことは、問題の種類ごとに対応した
対策手法です。
 ・ヒューマンエラー対策手法
 ・4M変化点管理手法(異常の見える化)
 ・教育訓練手法(OJT、多能工化)
 ・標準化手法(ルール化)

また、第一線の若手・中堅社員の実践教育として、自らの力で、問題を解決する
こと、コミュニケーション能力を養うことなど、作業者ではなくスタッフとして
の役割を担っていくことが求められます。

若手・中堅社員の実践的教育の詳しい内容についてはお問い合わせフォームで。

posted by k_hamada at 20:00| ◇業務内容:サポートメニュー | 更新情報をチェックする

2019年 セミナー開催予定表 <こちらから
 2019年1月30日(水)東京北区王子 北とぴあ
  中小製造業で使えるFMEA実践コース<事例・演習付き>

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!